風俗トピックスでは風俗のタメになる話題を提供しています♪

風俗トピックス

記事タイトル:風俗嬢の生理と生理休暇!ピルは避妊のためじゃない?

ライター:野田 珠輝   閲覧数:347

2021-04-14 13:38:18

元風俗嬢ライターの野田珠輝(たまき)です。今回はお客様にとっては一番の裏側かもしれない、女性の生理について書いてみようと思います。風俗嬢の生理についてのリアルや、生理休暇中の実際の過ごし方までありますのでぜひ読んでみてください。できれば彼女や奥様のことを気遣ってあげられる方になっていただけたら嬉しいです。

【そもそも生理休暇とは?】

ソープやデリヘルなどの風俗店では、生理休暇を設けています。
生理中は免疫力が落ちて性病にかかりやすくなる他、経血が気になって仕事に集中できないといったことを防ぐためです。

なお、ソフトサービスの手コキ店やメンズエステ、ピンサロでは表立った生理休暇はほぼありません。
ただ人によって生理の重さは違いますし、「この日は生理が辛いので休ませてください」といって辛い日だけ休むことはあります。

生理中にお仕事をする場合は、生理用品の一種であるタンポンや、本来は化粧をする時に使われる海綿と呼ばれるスポンジを膣の中に詰めて行います。
ちなみに私は海綿を詰めると単なる生理以上に体が重くなり、具合が悪くなってしまいました。
出勤中に生理が来た場合、「海綿で仕事すればいいじゃん」と言うお店はよくありましたが、私は頑なに仕事を拒否(笑)

そもそも生理は普段と違う状況ですから、スタッフさんにもまず体調を気遣って欲しいものです。
海綿を入れていることを気付くお客様はいるそうですし、私は「生理中はあなたが働きたくても休んでもらいます!」と謳っている風俗店の方が信用できました。

お客様からしても、せっかくお金を払って遊びに来たのにちょっと集中できていない感じで接客されてはイヤですよね。

【お休み中何をしている?】

写メ日記などで「今日から女の子休暇。また次の機会にお会いできますように!」なんて書いている子は多いですよね。

4日~7日程度は休めるので、専業風俗嬢さんは旅行に充てる女の子も多いです。
私もその一人で、旅行の予定は生理と重なるようにしていました。
風俗嬢ではない一般の女の子は「生理と旅行を被らせたくない」と婦人科に相談に行くくらいですから、いかに私を含めた風俗嬢が普通とかけ離れていたかわかりますね…。

その他、普段よりゆっくりできるので美容室に行く、買い物をする、エステやネイルなど自分のために時間を使う女の子も多いです。
私の場合は生理中はお肌がとても敏感になってしまうため、美容室でも気分が悪くなったことがあります。
その為、美容室には忙しい合間を縫って行き、予定のない生理中はとにかくゴロゴロしていました。

「なんとなく気分が乗らない」と欠勤することも多かった私ですが「生理休暇」という大儀名分があると非常にのびのびと休むことが出来て気分が良かったです。

【ピルを飲んで生理を快適に過ごす?】

女性の生理は、本当に人それぞれ違います。
普段とほとんど変わらないので仕事をしたい人もいれば、眠ることが出来ないほど辛い人も。
生理周期もそれぞれで、25日~40日程度で定期的に来る人もいれば「次はいつ来るかわからない」という方もいます。

そこで多くの風俗嬢が活用しているのが低用量ピル。
大体28日周期で生理が来るようになる、生理が軽くなるといったメリットがあります。
毎日同じ時間に飲まなければならないことや副作用などの心配はありますが、女性が主体的に避妊できるとあって欧米諸国ではポピュラーです。

しかし、日本でピルを飲んでいると言うと「ビッチ」「ヤリマン」などのイメージを持たれてしまうのが現実。
私に彼氏がいないこと、ピルを飲んでいることをたまたま知ったある男性は「必要ないのになんで飲むの?」と笑って言ってきました。
ピルは処女でも飲むことができるものなんですけどね…。

私自身も、風俗嬢になる前から生理痛緩和のためにピルを服用していました。
ソープのS着店でNS要求をされた時は面倒なので「体質でピルを飲んでいないからゴムを着けて」と言っていました。
S着店やヘルスでは実際にそういった子もいるので、無茶な要求はしないでください。

【私の生理休暇の過ごし方】

元々重かった生理もピルで軽くなり、日数も短くなりました。
吉原のソープで働いていた時は6日間の生理休暇をもらい、4日目と5日目は五反田のオナクラでバイトという生活をしていたこともあります。

お客様には「OLしていて時々バイトに来ている」と言っていましたので、完全素人風。
オプションにある下の脱ぎもNGにしていました。
まさか本職は吉原のソープ嬢だなんて思ってもみなかったと思います。
「ウブな感じがいいね」なんて言われた時には、「私はすっかり女優だな」なんて心の中で誇らしくなったものです。

超レア出勤でしたのでオナクラで本指名はありませんでしたが、ずっと家にこもるのも気が滅入ってしまうので気分転換をしながら稼ぐことができました。
ピルを飲んでいても3日目までは出血が多いことがあるのでゴロゴロと過ごし、4~5日目はオナクラバイト。
6日目は、翌日からのソープの仕事を控えエネルギーチャージ。

私のような働き方は珍しくなく、生理中はおっパブやメンズエステで働く女の子は少なくないようです。

【まとめ:生理休暇をうまく使ってQOLを上げられる仕事!】

生理中の過ごし方は人それぞれ。
私のようにダラダラしたり、金銭的な事情から生理休暇を取らず働き続ける女の子もいます。

ちなみにですが、生理休暇中=生理中とは限りません。
生理中も仕事をし、海外旅行などに行くため生理休暇を使う女の子もいます。

一般の企業でも「生理休暇」と名のつくものはありますが、なかなか取得しづらいですよね。
私が風俗で働いていて良かったことの一つは、生理休暇です。
仕事の性質上ではありますが、「絶対に休まなければいけない数日間=どんなに自堕落な生活をしようと怒られない数日間」は天国のようでした。
もちろん、痛みやだるさがなければですが…。

男性には生理のことはわからないでしょう。
生理による体の変化で、1ヶ月のうち体調が良いのは1週間だけという女性もいます。
私も生理直前の接客が辛くてたまらないことがありました。
特にパートナーには「わからないから仕方ない」と開き直るのではなく、何をして欲しいか、何をされると嫌なのか聞いてみて欲しいです。

ライタープロフィール

野田 珠輝

野田 珠輝 元風俗嬢

北の孤島に在住する元風俗嬢ライター。 体験入店を含めればほぼすべての業種を経験したといっても過言ではない。 基本的にはソープがメイン。 きちんと在籍したのは、メンズエステやデリヘル、…

記事一覧新着記事

新着記事一覧はこちら

カテゴリ別の記事一覧『体験談』カテゴリの記事

『体験談』記事一覧はこちら