風俗トピックスでは風俗のタメになる話題を提供しています♪

風俗トピックス

記事タイトル:写メ日記とツイッター、男性客にアピールできるのはどっち?

ライター:ナガトモ   閲覧数:240

2020-10-31 11:56:16

こんにちは、ナガトモです。

わたくし、世間的に言えば完全におじさんに分類される年齢でございます(泣)
が、昔からのパソコン好きが功を奏してか、仕事の関係もあり、ネットの世界に置いていかれることなく今に至っております。
そんなわけで今回は、風俗に通う同世代サラリーマン達の感覚も分かりつつ、SNS事情も把握しているわたくしが、「(風俗情報サイトの)写メ日記」と「Twitter(ツイッター)」と比較して、風俗店でキャストとして働く女性にオススメのそれぞれの活用法を考えてみたいと思います。

【おなじみ写メ日記】

お店で働く皆さんに一番馴染みのあるものといえば写メ日記ではないでしょうか?
風俗情報サイトの、女の子のページに必ずといっていいほどあるイメージですね。

遊びに来たことのある常連のお客さんや、キャストの皆さんに興味をもっている将来のお客候補が主に閲覧しています。
この写メ日記は新しいファン(お客)獲得よりも、既存のファン向けに発信するのに向いているといえるでしょう。

【写メ日記は既存のファン向け】

ネット上で、皆さんのブログにたどり着くまでを考えてみましょう。

まず、風俗情報サイトやお店のサイトを閲覧しない限り、皆さんの写メ日記を目にすることはありません。
さらに、風俗情報サイトの作りは、まず気に入った女の子を見つけて、そのあとに写メ日記を見る、といった流れになるような作りのものが主です、お店のホームページも同様です。

つまり写メ日記からいきなり皆さん女の子を見つける確率は低いと言えます。

写メ日記は、すでにお店に来てくれたお客さんや、プロフィール写真を見て興味を持ってくれたお客さんに対して、さらに興味を持ってもらうためのツールという色合いが強いと言えるでしょう。

まずはプロフィール写真や、情報サイトでの紹介などで、こちらに振り向いてもらった後に、効果を発揮するものと言えます。

写メ日記自体は非常に大事なアピールの場所だと言えるでしょう。

プロフィール写真や情報サイトで目にはいり、「おっ、いいな!」と気になった女の子をもっと知るために、次に写メ日記に目を通す男性は多いです、これはわたくしもそうです。
写メ日記の内容によって、予約の電話をかけるか、他の女の子を探すか決まる場合も少なくないです。

・男ゴゴロを惹きつけるような写真

(ちょいエロいもの、プライベートをチラ見できるようなもの)

・指名すると良い時間が過ごせそうな文言

(しっかりサービスしたいなアピール、ご奉仕アピールなど)

・たまにちょっとした本音

(適度な本音は、親しみや信用を増す効果がある)

などが並んでいると、効果的なように思います。

ただ、先にも書いた通り、何かきっかけがあってから効果を発揮するのが写メ日記です。

【もはや定番!ツイッター】

ツイッターは誰でも情報交換しやすいオープンな形で、かつ匿名性が保たれているのが特徴です。
そしてツイッターは、風俗情報サイトに比べて、間口が広いため、風俗情報をチェックするのが第一の目的ではない人にも情報を届けられるのが良いところだと言えるでしょう。

【日記のような投稿も新規開拓に繋がるツイッター】

ツイッターでは、例えば、グラビアアイドルやAV女優など、ムフフな気分になれるアカウントをフォローしている人の元には、同じような内容のツイートとして、風俗店の女の子がアップしたセクシーな画像が「あんた興味あるでしょう?」と流れてくるような作りになっています。

また、お気に入りの風俗店や、お店の女の子をフォローしていると、それに関連して、同じ地域のお店や女の子の情報がタイムラインに流れてくるようになります。

つまり、風俗情報サイトとは違い、エロ系なアカウントをフォローしている人たち全般にアピールできる可能性があるということです。

もちろん、やりとりも自由にできてしまうオープンな場所なだけに、嫌な思いをする可能性もあるので、その点は十分に気をつける必要がありますが、キャストの皆さんの発信した情報が、新しいファン獲得に直接つながる可能性があるという意味では、非常に魅力的と言えるのではなのではないでしょうか?

一言だけ、などの短い投稿でも効果があるのも良いとこですね。

【実際にツイッターで】

わたくし個人も、癒しと活力を与えてもらうべく、成人向けなアカウントをたくさんフォローして楽しませてもらっていますが、いろいろなセクシーな動画や画像に混ざって、お店の女の子のツイートも流れてくると、女の子の良さを再認識できたりしますね。
わたくし自身は、ツイッターで見かけて気になった女性を指名したことも、既に何度も経験済みだったりします。

【まとめ】

いかがでしょうか?
写メ日記でのアピールもおこないつつ、オープンに発信することに問題がなければ、新たなファン(お客さん)に巡り合うためにツイッター使ってみるのもアリだと思いますよ。

ライタープロフィール

ナガトモ

ナガトモ 風俗愛好家

酒と風俗を愛する元大手企業戦士。 「快楽に溺れる人生」がモットーの浪速の四十男

記事一覧新着記事

新着記事一覧はこちら

カテゴリ別の記事一覧『夜のお仕事・求人』カテゴリの記事

『夜のお仕事・求人』記事一覧はこちら