風俗トピックスでは風俗のタメになる話題を提供しています♪

風俗トピックス

記事タイトル:手だけで稼ぐ!オナクラの時給、単価に気になる業務内容を解説

ライター:橋本ウサ太郎   閲覧数:125

2021-09-10 17:17:44

時短、気が向いた時に出勤して手軽にガッツリお金を稼ぎたい!

だけど本格的なソープは難しいし、デリヘルで男の人を相手にするのもなんだか怖い。そんな女性の方は少なくないと思います。

今回は性風俗業界で昨今人気を集めているオナクラを徹底特集。何となくこんなことをするのかなと想像はできますが、ここでは詳しいお仕事の内容から気になるお金事情について解説していきたいと思うので、ぜひ風俗業界で働きたい女の子は最後まで読んでみてくださいね!

【オナクラとは?いったいどんな性風俗店なのか】

オナクラ、下半身がジンジンくる響きです。

性風俗といえばソープ、ヘルスにデリヘルが有名ですが、今回の主役の場はオナクラ!さてオナクラとはどんな形態の風俗なのでしょうか?

1,男性の自慰行為を手伝う素敵なお仕事

オナクラとは、オナニークラブの略であることは皆さんも何となく想像できることでしょう。とっても卑猥なクラブですが、放課後に行われる課外活動ではなくソフトサービスの風俗をいいます。

簡単にそのお仕事を紹介すると、一目瞭然!お客さんがおちんちんをシュコシュコするのを手伝ってあげるのが、オナクラの特徴です。勿論女性本人がオナニーをする必要はないので、自分の身体をアグレッシブに使うことなくお仕事が可能!

基本的にデリヘルやヘルスで当たり前のサービスであるフェラチオやディープキスはオプションサービスになっており、お店にもよりますが非常にソフトなサービス、つまりは手コキが基本になるため、風俗初心者の方にも比較的飛び込みやすい風俗と言えるでしょう。

また女性が裸になる必要もなく、生理が来ても勤務可能、男性が女性にベタベタ触ることは基本的にNGなので、風俗で働くネックになるSTD(性病)感染のリスクも高くないのが特徴的です。

2,ただしハードなオプションも少なくない!

オナクラは受付にヤリ部屋を持つ店舗型のタイプは少なく、通常はデリヘルと同様に近くのレンタルルームやラブホに赴いてオナニーのお手伝いをしてあげます。

どこからがお手伝いに入るのか?というのがまず疑問ですが、しばし求人広告には「見ているだけでOK!」という文言を見かけますが、基本的に見ているだけでお金を貰えるケースは非常に稀というのが実情です。

つまりは手コキがベース、または基本的なオプションであり、そこから各女性が対応可能なオプションを付けていくわけですね。

例えばフェラチオ、コスプレ、ディープキス、ビデオ撮影に唾液交換、オッパイ揉みからパンティープレゼントなどなど、えっ!こんなオプションがあるの?と驚くくらいのバラエティ豊かなオプションがあることが特徴です。

どの程度の行為が可能なのか?フェラチオをするとなると、それなりにハードなプレイになるので、オプション単価も高めに設定されますが、まずは自分ができる範囲のオプションを設定していきましょう。

【実はハードな求職事情!オナクラで働くにはそれなりのルックスが必要!】

学校の後、もしくはアフターファイブはオナクラでちょっとだけバイト!

自分が裸になることも、激しい口の愛撫をすることもないオナクラで働きたい、そんな女性は少なくないといいます。ここではそんなオナクラ求職事情について解説していきたいと思うので、こちらも参考にしてみてくださいね。

1,ハードルが高いオナクラバイト

本番行為以外のエッチな行為で激しく攻めたて、攻められる、そんなヘルスやデリヘルと異なり、男性のオナニーをお手伝いするだけのオナクラは風俗初心者にとっては嬉しい限り。面倒なフェラチオも、汚いおっさんのキスにアナルを舐めさせられたりするリスクもありませんし、だって手でオチンチンを刺激してあげればいいだけですもの……。

そんなソフトな仕事内容がゆえに、意外や意外に面接をしてもなかなか受からない。働きたいのにオナクラバイトができない女性が多く、風俗業界では一、二を争う競争率があるともいわれるのがオナクラなんです。

基本的にどんな風俗でも若くてルックスが高めの女子が好まれますが、オナクラの場合はそもそも女性器を拝めないこと、フェラチオのサービスが期待できないこともあり、男性客はより女性の容姿や年齢にこだわりを持つ傾向にあります。つまりお店側もそれなりの基準の採用ラインで女性を雇用しており、正直中の下以下の女性はオナクラでの採用は厳しいでしょう。

勿論若ければいい、可愛ければいいというものでもなく、いかに言葉のキャッチボール、淫乱なノリの良さなど、男性客を引き付けるテクニックが無ければ指名に繋がらないことは言うまでもありません!

ただし中には熟女系、ぽっちゃり系やたわわなオッパイを持つ女性に特化したオナニークラブも点在しているので、自分のルックスや身体のライン、年齢にマッチした店舗を選べば採用の可能性が高まることを覚えておきましょう。

【ソフト風俗オナクラは客単価は安め!高級は期待するべからず】

脱がない、舐めない、触られない、だからこそ女性にとって働きやすいオナクラ風俗。しかしオナクラはそのソフトなサービスがゆえに稼げないとの声も聞かれます。

ここではそんな噂の真相について検証していきたいと思います。

1,実際デリヘルよりも稼げない……

オナクラのコスパは良くない、その事実はどうやら真実なんです。勿論その辺のレジ打ちや清掃バイトに比べたら、おちんちんを見たり、タッチしたりする必要が出てくるので、割りのいい金額が期待できます。

デリヘルなどと比べてオナクラは、そのコースがかなり細分化される傾向があり、見ているだけのコースから、おさわりプラス言葉攻め、おさわりプラスディープキス、またはオッパイにタッチ!など複数のコースが通常用意されます。一番安いコースは当たり前ですがタッチナシのコースで20分~30分で2000円または3000円程度。

女性にとって手間がかかる行為が増えていけば行くほど値段は上がり、高給なコースでは20分~30分で5000円以上するコースも勿論あります。基本女性の取り分は半分程度なので、1回のオナニーヘルプで約1000円から2500円程度。

または時給制で1000円、1500円というお店もあり、その場合はオプション代金がそのまま女性の懐に入るパターンもあります。

例えば1時間に3000円稼ぐには複数人のオナニーを見届ける必要があるので、なかなか効率良く稼ぐのは難しいかもしれません。

その為いかに自分ができるオプションを増やしていくのかが、単価を上げていくコツになってきます。基本的にパンストを履いたり、大人の玩具の使用、オッパイ舐めに顔面騎乗、ゴムフェラなど、いくつかのオプションをおねだりしていく根性が必要になってくるのです。これらのオプションは通常プレイ料金よりも高めのバック率が設定され60~70%のところが多いようです!

男性客はオナクラで働く女性に対して裏オプション、例えばナマフェラ、本番等を諭吉をチラつかせて誘惑してくることもありますが、基本的に1度許してしまうと毎度要求され、他のキャストやスタッフにバラされる危険が付きまとうので、それらにのってはいけません!

このようにキャストのレベルの高さが求められるものの、通常の風俗で期待できるような高給はよほどのヤリ手でない限り難しいと思うので、稼ぐをテーマに風俗で働くのならデリヘルやソープのドアをノックした方がベターと言えるでしょう。

【まとめ】

オナクラで働きたくなった、という方は多いのではないでしょうか?

最近はデリヘル並みにその店舗を増やし、処女やキス、コスプレに熟女など様々なコンセプト店も増えてきています。

ハードな絡みはないので、必然的に働ける女性はある程度限られること、そして期待していた程稼げないという女性も少なくありませんが、若さ、そしてルックスに自信がある方は荒稼ぎできる可能性は十分あるのでぜひチャレンジしてみてくださいね!

ライタープロフィール

橋本ウサ太郎

橋本ウサ太郎 業界関係者

エロだけじゃない文化的な側面から人間の変態性を観測したい猛者。自身も二丁目の水商売を経験済み。 暇にはなりすぎない程度、風俗遊びのイロハからエロ的好奇心をくすぐる卑猥なお話をマイペ…

記事一覧新着記事

新着記事一覧はこちら

カテゴリ別の記事一覧『夜のお仕事・求人』カテゴリの記事

『夜のお仕事・求人』記事一覧はこちら