風俗トピックスでは風俗のタメになる話題を提供しています♪

風俗トピックス

記事タイトル:おなべ風俗でできること!ボーイッシュ女子との遊び方と注意点

ライター:橋本ウサ太郎   閲覧数:369

2021-09-16 11:06:59

あなたはおなべが好きですか?

ただし調理器具ではなくて、今回の主役はボーイッシュな女性の呼称であるおなべのことを意味しています。ゲイやレズビアンともまた異なるおなべの方々との接触……、そうここではおなべ女性と楽しめる風俗について検証してみましょう。

【おなべ風俗とは?】

ちょっと異なるスパイスの女の子と遊びたい、時には刺激が欲しい時もあるでしょう。

そんな時はおなべ女子なんていかがでしょうか!少しぶっ飛び過ぎていると思う方もいるかもしれませんが、ここでは未知のおなべ風俗について検証していきます。

1,そもそもおなべって何だっけ

おなべにおかま、一度は聞いたことがありますよね。特に後者はメディア等でもよく聞かれますが、つまり女性のような男性のことを言います。その度合いこそ異なりますが、ソフトなものからモンスター級の方まで……。

一方おなべは逆に男性のような見かけをした女性のことを指します。歌舞伎町などのナイトタウンを散策していると、おなべ女性によるホストクラブなどを見かけますが、今回ご紹介するのはボーイッシュ女子、またはバリバリの男を彷彿させDNA上は女性による性的サービスを堪能できるお店の事です。

世の中にはMtFと呼ばれる元男性によるニューハーフ風俗がノンケ男性にも人気を博していますが、次に来るのがFtMつまりはFemale To Maleによるおなべ風俗なんだとか……。

実際社会生活を送りながらおなべ女子と接する機会はそうそうないはず。

所属キャストは芸能人級のルックスを有する中性的な女性から、これはもう男だろう……ハア、とため息をつきたくなるようなバリバリおなべ女子も少なくありません。まるで同性同士でしているかのような錯覚になる、またはハード系おなべ女子から逆に攻められてアナルが敏感になるというお客さんも少なくないそうです。

【性転換?それとも改造なし?あなたはどんなおなべとエッチしたい?】

前項でも触れましたが、一言でおなべと言っても、その度合いはかなり異なります。性同一性障害に当てはまる彼女達、つまりは心は男性だけれど身体は女性が共通事項ではなく、身体も手術を済ませている子もいれば、見かけだけボーイッシュの非手術系もいるのです。

ここでは色々なタイプが点在するおなべ風俗で体験できる情事について、より深く考察していきます。

1,基本プレイは通常の風俗と同じ

まず彼女達はホルモン療法を行っているパターンが多く見受けられ、オッパイはより小ぶりです。下半身やのどぼとけ、声などはそれぞれが前述のように異なっており、バッチリおちんちんが見られる女性もいれば、美しいオマンコが生まれた姿のまま拝見できる場合も少なくありません。

そして気になるプレイ内容はゴムフェラ、素股にキス、シックスナインなど非常にスタンダードなプレイが通常メニューです。おなべ風俗だから何か特別なことができるというわけではなく、そのキャスト陣が女性ではなくFtMであるだけでスペシャルなプレイはそこまで期待できません。

ただしおなべ女子のストライクゾーンは必ずしも女性とは限らず、男性もイケるバイセクシャルも多いですし、そもそも性別は関係なく人という観点から愛を奏でるという方も少なくありません。なお彼女たちはバリバリのエロ女子というよりは、風俗嬢としては経験が少なく初心なおなべ女子が多い傾向にあり、ソフトなバニラセックスが中心になります。

2,ペニバン、または人工ペニスでアナル開発も

おなべ風俗では、しばしアナル開発を中心にしたコースを設けているところも少なくありません。つまりペニスバンドを付けて後ろからガンガン前立腺を刺激してもらうということですね。

絶対数こそ多くはないものの、国内・海外で手術を済ませたFtM女子によるギランギランに黒光するペニスでアナルを掘ってもらう、そんな素敵な経験ができる場合もあります。可憐で少女時代を忍ばせるおなべ女子のペニスでアナルを開発される、これはこれでハマる方は少なくないそう。

ただしアナルファックやペニバンコースは通常メニューではなく、あくまで追加のオプションになります。

【おなべ風俗の楽しみ方とシステム、料金について】

さておなべさんに犯される自分を想像して、下半身がおっきしてきたそんな変態男性もいるのではないでしょうか?

ここではまとめの意味合いを込めて、おなべ風俗の利用方法、システムを解説していきたいと思います。

1,低コスパ、デリヘルが通常コース!?

おなべ風俗は全国的に見てもそこまで数が多くありません。夜のお店が連なる繁華街やゲイタウンにお店があるところが多いですが、その多くはデリヘル形態です。

おなべ風俗にはおなべ女子だけでなく、MtFのニューハーフも多く在籍すること、そして複数のお店をハシゴしているキャストが多いのが特徴ですが、一番考慮に入れなければならないのが足、場所代を支払う必要がありコストパフォーマンスが非常に悪いこと。

お店によっても異なりますが60分で15000円から30000円弱などの価格帯のお店が多いので、ホテル代を含めると通常の風俗店の倍程度かかる計算になります。

おなべキャストに何を期待するのか、どんなプレイを望むのかによって設定コースは異なりますが、デートコースなどのソフトな遊びは若干お安めにトライすることができますが、性行為が無いので若干物足りないかもしれません。

ただおなべ風俗店は次の来店に繋げる為に、様々な割引サービス等を充実させる傾向にあるので、それらを利用して未知のおなべガールズと初エッチをしてみてはいかがでしょうか?

【まとめ】

今回は心は男性、身体に見かけはほぼ男性という、おなべ女子が多く在籍しているおなべ風俗について解説してみました。絶対数が少ないからこそなかなかコスパは低くなりますが、そこでしか体験できない秘密の情事は最高の快楽を誘発する導火線になるはずです。

おなべ系女子、そのプレイは決して容易に想像できる男性同士のプロレスごっこという訳ではありません。好奇心が性的指向に対する躊躇を乗り越えたその時は、ハードボイルドのおなべプレイまたは中性的な容姿のおなべ女子とジャニプレイを楽しんでみてはいかがでしょうか?

ライタープロフィール

橋本ウサ太郎

橋本ウサ太郎 業界関係者

エロだけじゃない文化的な側面から人間の変態性を観測したい猛者。自身も二丁目の水商売を経験済み。 暇にはなりすぎない程度、風俗遊びのイロハからエロ的好奇心をくすぐる卑猥なお話をマイペ…

記事一覧新着記事

新着記事一覧はこちら

カテゴリ別の記事一覧『風俗総合』カテゴリの記事

『風俗総合』記事一覧はこちら