風俗トピックスでは風俗のタメになる話題を提供しています♪

風俗トピックス

記事タイトル:【チャットレディ】2パータンの働き方

ライター:小野妹子   閲覧数:145

2019-10-03 12:10:51

様々なアダルト系高収入の仕事の中にライブチャットという職種があるのはご存知でしょうか?
近年、そのライブチャット系のお仕事に従事する女性が増えてきています。
その働き方は大きく分けて二つ、通勤型と在宅型があるのです。
今回はその二つの働き方について焦点を当てて、解説していきたいと思います。

【チャットレディという仕事について】

まずはチャットレディという職種について説明したいと思います。
主な仕事内容は、パソコンを使ってお客様とコミュニケーションを取るお仕事になります。
チャットを提供しているサイトに登録し、男性は利用者、女性は配信者としてそのサイトを利用するのです。
仕事の際はWEBカメラなどを使って自分の姿が見える様にし、お客様を待ちます。お客様が入室してきたらチャットスタートとなり、時給が発生するのです。

大抵の場合がサイト内で有料のポイントを購入し、それを見たい女性に対して使う事でお客様が女性とチャットできるようになります。
一分あたり〇ポイントと言った様に時間制で消費していき、足りなくなったらまた購入…といった流れです。
女性側は男性から使って貰ったポイント数に応じて給与を得る事が出来ます。
つまり人気があればあるほど得られる報酬も大きくなるのです。

また仕事はノンアダルトとアダルトで大きく二つに分けられており、ほとんどの方がアダルトチャットを利用しています。
ノンアダルトはその名前のとおり18歳未満でも参加できる様な健全なチャット、アダルトチャットは18歳以上を対象とした性的な内容を含むものです。
ノンアダルトに関してはルックスの良さや知名度が必要となるため稼げる人間は限られていることから、チャットレディとして活躍するのはアダルトチャットのほうが多い傾向にあります。

【在宅型と通勤型のそれぞれの特徴について】

チャットレディとして働く為には二つの方法があります。それが在宅型と通勤型です。
それぞれの方法にメリットとデメリットがあり、それらをまとめてみましたので順番に見ていきましょう。

1.出勤の必要が無く自由度が高い在宅型

在宅型の一番のメリットは、自宅から一歩も出る必要が無いという事です。
自身の家が職場であり、自分の好きな時間に仕事を始められ、自分の好きな時間に仕事を終える事が出来ます。
これに伴い、何か本業と一緒にお小遣い稼ぎとしてチャットレディを務める事が出来ますので、本業の収入+チャットレディの収入といった効率の良い収入を得る事が出来るのです。

しかしデメリットとして、自宅の内部を映す事による弊害が生じます。
それは粘着質な顧客によって、個人を特定されてしまい、ストーカー被害に遭う女性がいるという事です。
例えばチャットの中で自分が住む地域や都道府県を口にしてしまった場合、その情報から特定されていきます。
一回の配信で少ししか個人情報を漏らさなかったとしても、様々な情報を少しずつ他の配信時に発信し、それらを繋ぎ合わせ特定に至るのです。
また部屋を写している事で、カメラに映る個人情報…公共料金の振込用紙や、個人名が特定出来るものが原因となるケースもあります。
配信をする時はそういったものを片付けておかなければいけないのです。
ストーカー被害に遭う女性は多く、在宅で仕事をする場合は個人情報を漏らさない様に細心の注意が必要となります。

2.設備が整っており環境の良い通勤型

これに対して通勤型は、店舗が用意する個室を使用して配信を行います。
様々なプロダクションが募集をかけており、そこに在籍する事で事務所を配信場所として使う事が出来る様になるのです。
メイク道具やコスプレ、ウィッグなどの備品を完備している所が多く、身バレ対策が出来ますので初めての方でも安心して働く事が出来ます。
さらに自分の口から個人情報を漏らす事さえなければ、配信ルームに自分へ繋がるものはありませんので、ストーカー被害に遭う危険性も格段に低くなるのです。

デメリットとしては在宅型と違い働ける時間が決まっている事と、稼いだ金額の数%を事務所に徴収されてしまう事です。
やはりプロダクションに所属する以上、給料が少し減ってしまうのは仕方が無い事だと言えます。
様々な設備が使える事と身バレ対策が充実している通勤型は、それだけの価値があるという事なのでしょう。
身バレやストーカー被害等に関して不安のある女性にとっては通勤型の職場のほうがストレスフリーで働けるのも事実です。

【まとめ】

いかがでしたでしょうか?
在宅型も通勤型もそれぞれのメリットとデメリットがあることがお分かり頂けたかと思います。
仕事内容の違いは無いにせよ、働く環境が違うというのは大きな分岐です。
安全性を第一に考え、トラブルに巻き込まれない可能性が高い通勤型か、稼げる金額が多く自由な時間調整も利く在宅型か…
自分にあった方法で働く環境を選択し、よりよい仕事環境を手に入れられる様にしましょう。

ライタープロフィール

小野妹子

小野妹子 業界関係者

元風俗店経営者 19歳から風俗業界へ飛び込み、20歳で店舗責任者へ就任 以降エリアマネージャー等に昇格後、諸事情により退職 その後別グループにてフランチャイズで店舗展開し、経営を安定させ…

記事一覧新着記事

新着記事一覧はこちら

カテゴリ別の記事一覧『夜のお仕事・求人』カテゴリの記事

『夜のお仕事・求人』記事一覧はこちら