風俗トピックスでは風俗のタメになる話題を提供しています♪

風俗トピックス

記事タイトル:ローションマットでポッチャリ系女の子の虜になった話

ライター:ナガトモ   閲覧数:808

2020-03-01 17:05:06

どうもナガトモと申します。

みなさん好みのタイプっておありでしょうか?
どんな女性が好き、どんな男性が好き、というのは、人それぞれ色々あって当たり前だと思います。
世の中は多種多様で、様々な魅力に溢れている人がいるから面白いのですよね。
まあ、あとはマッチングがうまくいけばハッピーなのですが。

【実は人気者のムッチリぽっちゃり女子】

さてさて、最近に始まったことではないですが、
実は世の男性は、ちょいムチ、ちょいポチャ、くらいの女性を好む率が結構高いというのがわかってきています。

樽ドルなんて言葉も言われて久しいですが、最近またバラエティ番組などでも目にするようになった磯山さやかさん、
一時期のグラビアを席巻した篠崎愛さん、そして至高は何と言っても深キョンこと深田恭子さん!(世代がバレる人選)

モデル体型の美女にも目がないわたくしですが、
もしマットヘルスやソープランドのパネル写真に、スレンダーモデル系と樽ドル系が並んでいたとしたら、明らかに後者を指名すると思います。
そりゃ、深キョンみたいな子いたら、誰だって指名するわ!と思われるかもしれませんが、そういうことではないのです。

今回は、ムッチリぽっちゃり系女の子との風俗遊びの魅力、どうして私がムチぽちゃにハマったかについて書いてみたいと思います。

【きっかけはソープランドでのハズレ?体験】

先にも書いたように、わたくし今となっては、ムッチリぽっちゃり系の女の子は大好きで、
馴染みのお店のオキニの子と定期的に濃厚ムッチリプレイを堪能しております。

元々は面喰いでモデル体型美女ばかりを気にしていたわたくしが、どうしてムチぽちゃにもハマったのか?
それは風俗探求者だったからこそ開けることができた快楽の扉だったのかもしれません。

きっかけはかなり昔に遡ります。
まだ、風俗店通いにもそれほど慣れておらず、セクシーでスタイル抜群な美女と遊ぶことに憧れていたころです。

ある日、奮発して普段来ることのないソープ街に足を運んだ若かりし日のわたくし。
ネット等で事前リサーチが十分にできるような時代でもなかったため、現地に着いて、店を決めかね付近をうろうろとしていました。
(情けない状況ですが、経験のある方も多いのでは)

見るからにランクの高そうな店舗は気になるものの、当時の所持金ではなかなか踏み切れません。
なので中くらいのランクで、どこにしようか迷うわけです。

当時のわたくし、ちょっとひねくれた若者でして、、
一見地味なお店のほうが、実は密かにレベルの高い女の子がいたり、サービスが良かったりするのでは?
みたいな謎の理屈でお店を選びます。

さて入店したそのお店、後にも先にも遊びに行ったのはその時一度きりなので細かくは覚えていませんが、
入り口すぐの白っぽい壁の受付で写真指名したように思います。

しばし待合室で過ごした後、いざ女の子とご対面

「!?」

「おっととっとデブだせ!!」

こんな書き方してごめんなさい。
しかし、当時、いつもよりも奮発してソープランドに遊びにきた結果がこれかよ〜(泣)
という落胆はなかなかキツイものがありました、よく覚えております。
樽ドル系の女の子より、ひとまわりは確実にふくよかな、かなりのぽっちゃりした女性でした。

【男が気持ちよくなるカラダとの出会い】

そんななこんなで、そのぽっちゃりソープ嬢に囚われ、いや、導かれプレイルームに入ります。

世間話で間を持たす会話もそこそこに、服を脱ぎ準備をすませ、シャワー、スケベ椅子、浴槽プレイ、と淡々とサービスは進んでいきます。

そして次はマットプレイ。

とくに期待もなくマットにうつ伏せになるわたくし。
ぽっちゃり嬢が準備したローションを丁寧に垂らし、わたくしの片足に体を密着させる形でプレイがはじまります。

「肌結構すべすべしてるな」
「こういう子の体って柔らかいんだな」

そんな風に意外に思った記憶があります。

ぽっちゃり嬢はマットを小気味良く滑りながらサービスを繰り出していきます。
そして、わたくしの背中におっぱいを押し当てるように全身を覆いかぶせてきた時、

「なんか密着度がすごいかも..」

側から体をくっつけてのプレイでは気づかなかったのですが、
ぽっちゃりボディが重力と共に覆いかぶさってきた結果、ローションのヌルヌルとの相乗効果で、未体験の肌心地がわたくしに襲い掛かります。

「わ、わるくない、、というか気持ちいいかも」

スレンダー嬢のマットプレイがシルクのシーツだとしたら、ぽっちゃり嬢のマットプレイはスライム?ゲル?とにかく未体験な密着度なのです!!

ぽっちゃり嬢の肉体に包み込まれるマットプレイは続きます。

「!!」

わたくし、まるでエロ漫画で触手系のモンスターの餌食になった女性キャラのよう、、

「こ、こんなので気持ちよくなるなんて、、いやだ、、全身にまとわりついてくる、、あ、、らめぇ、、も、もっとぉ」

そんな心情です。

そして仰向けになって、ぽっちゃりソープ嬢が体を密着させてきた時が最高潮でした。

「おねえさんのぽっちゃりお肉に包み込まれて、めちゃめちゃ気持ちイイィ、、しゅ、しゅごい」

思わず声に出して言ってしまいました。

その時、ぽっちゃり嬢の彼女がどんな表情をしていたかはよく覚えていませんが、「この男も私の体に堕ちたわね、フフフ」とほくそ笑んでいたのかもしれません。

風俗でよがり声をあげての初悶絶は、憧れていたスタイル抜群セクシー美女ではなく、この太めの女性とのローションマットプレイとなったのでした。

【風俗遊びの楽しみ方を増やそう】

彼女とのローションまみれで密着した女性上位本番は、間違いなく脳天がとろける快楽体験でした。
その後のわたくしの価値観が変わったと言っても差し支えない出来事といってよいでしょう。

そして、このことがあってから、風俗店で写真より太めの女性が出てきても全くタジロかなくなりました。
むしろ、期待できるようになりましたね、(笑)

予算にも時間にも限りがあるので、世にあるサービスを全てを試すわけにはいかないと思います。
とはいえ開拓精神と未知のものを受け入れる気持ちは大切にしたいところですね。
思わぬところに、新しい楽しみ方があるかもしれません。

「考えるな、感じろ」

ってやつですね(笑)

ライタープロフィール

ナガトモ

ナガトモ 風俗愛好家

酒と風俗を愛する元大手企業戦士。 「快楽に溺れる人生」がモットーの浪速の四十男

記事一覧新着記事

新着記事一覧はこちら

カテゴリ別の記事一覧『体験談』カテゴリの記事

『体験談』記事一覧はこちら