風俗トピックスでは風俗のタメになる話題を提供しています♪

風俗トピックス

記事タイトル:風俗嬢から賜った強烈な前口上

ライター:豊潤(ゆたか じゅん)   閲覧数:813

2020-02-13 13:09:25

お邪魔致します、豊潤(ユタカ ジュン)です。過去から現在における風俗体験をもとに客目線で書いています。

 客目線ということはあくまで客の立場ですので、風俗で働く女性の本音はある程度は理解しつつも、
基本的には夢や癒しを求めたいなと思います。要は男というもの年齢に関係なく女性に甘えたいのでしょう。
 そう願ったり求めたりするのは自由だとして、女性に甘えるからには客として最低限のマナーも必要でしょうということです。
 公共の場所で「騒いだり」「臭いを出したり」「破損したり」等の迷惑行為をしないというマナーがあるなら、一対一で男女が対峙する風俗ならなおの事、です。
両者の間に仮そめにも許容し合えるような空気を作る、ということでしょうか。
 そうしないと、たとえ女性が笑顔で丁重に接客してくれようとしたとしても「(・・ったくもう、やる気なくした〜)」
と笑顔も消え去り、ぞんざいな扱いをされてしまうことも充分に有り得ます。
 マナーといっても解釈は色々あり細かく言えばキリが無いです。一般的な礼法講座のような堅苦しさは自分も得意ではないですし、求めてもいません。 
ざっくりと言うなら、プレイに関してはノーマルである必要があるということです。
つまりSM系陵辱などを含めた、どうみても正常とは思えないプレイを要望、強要すべきではありません。
 求めたとしてもせいぜい店で認めているオモチャ系やコスプレ系程度でしょうか?
(実は自分はこれらも興味が無いのですが)もちろん店や女性にもより許容範囲は異なるでしょう。

 何故そんな前置きをしたかと言いますと、せっかく男性客に多少はでれでれさせてあげよう、と寛大な気持ちで臨む女性がいたとしても、
ある日ある時不潔で乱暴、キモい行動をする客に遭遇したら、それは男に不信感を抱くようになるでしょう。
そして次に控える客が八つ当たり的発言を浴びることになりかねないのです。
 以下に述べるのは、初顔合わせ時にソープ嬢やデリヘル嬢からプレイ前に賜った言葉です。
対面直後ですので、こちらは何らモーションすら起こしていないわけです。
 

【それを最初に言っちゃいますか?1】

1「初めての人は何するかわかんないし−っ!」

 
 初対面20代ソープ嬢の発言です。ビックリしました。猜疑心と警戒心の固まりのような衝撃的発言!
 そこまで言うからにはこちらが相当にいけ好かないタイプであったか、もしくは「(これは何かあったな)」と思われたので、
「いきなり、どうしたんです?何かあったのですか?」と聞き返しました。
案の定、昨日も今日も彼女にしてみれば散々な目に遭ったらしく、積もりに積もった鬱憤が爆発したのだと思います。
同情はできたものの、これ以降の沈静化はご想像にお任せします(笑)。

【それを最初に言っちゃいますか?2】

2「あっ、私乳首とか感じないし〜、それとキスも苦手なので・・」

 
打つ手無し!(笑)初対面の30代デリヘル嬢の発言です。これに類する前口上は意外に多いと感じます。
これダメ、あれダメのオンパレード。法や条例でがんじがらめとなった現代社会さながらの規制、反則の説明みたいです。
店のHPの基本プレイなど、女性の本来の意志とは関係なく書かれた事を証明するかのような、唖然としてしまうレヴェルの発言でした。
こうなると「あ、そうですか」 としか言えなくなり、結果としては嬢にとって事前告知が効を奏し、してやったりなのでしょうか。
この場合も決して軽くはない空気が充満する一時となりました。会話が弾まないのは、多くの客にとっても致命的かと。
 客にとってはキス駄目、乳首駄目、触るの駄目の三重苦、そりゃあ、すること無くなります。
 反面そうでない女性もたくさん存在します。
「おっぱい、もっとギュ〜っと強く揉んで!!」
と懇願され、
「いや、だって痛いでしょ」
「全然大丈夫」
(ギュっ!)
「あ〜ん、気持ちいい〜、もっとぉ〜」
などの展開も官能小説ではなく実話としてあります。男性達、どちらを好むでしょうか。
 女性とのプレイはやはり見た目ではわからない、全裸どうしになってもわからない、その先が奥深い!と再認識できる一幕ですね。

【それを最初に言っちゃいますか?3】

3「あっ、子供から電話だ、ちょっと出ていい?」

 
 40代デリヘル嬢だったと思います。初会では無かったですがこれも困りました。お子さんの話題はこちらからは絶対聞かないのですがよく出ます。
女性としての家庭環境や立場の話はよくわかりますが、余程子供好きな男性ならともかく、風俗で子供の話しが出ても、、、
せっかくの艶めいた時間と色気がたちまち吹っ飛んでしまいます。
 このケースでさらに困ったのは、何やら電話で子供に向けてお説教が始まり、大声で怒鳴りつけていたのです。
可愛らしいお顔の眉間に皺が寄り「(ひゃー、コワい!あっ、この人こんな大声出すんだ)」と客に(私)知れてしまいました。ドン引き!
 初回それ以外にかかわらず、接客中の電話やメールは、されない方がベターかと思われます。

【まとめ】

 これから始まる桃色プレイに期待を寄せて「ワザワザ」客は風俗に行きます。
しかし女性から見れば初顔合わせの客は確かにノーマルなのか常軌を逸しているのか、見極めることは難しいでしょう。
その女性の警戒心を剥き出しにさせてしまったケース上記の1・2や、公私混同され過ぎたケース3など、男としての配慮と力量が足りないということだろう思います。
 実は男性客どうしって何ら関連が無いようですが、自分だけ勝手なふるまいをすると女性の機嫌を損ね、次の客以降への対応に影響を及ぼすこと、お互いに考えたいものです。

ライタープロフィール

豊潤(ゆたか じゅん)

豊潤(ゆたか じゅん) 風俗愛好家

自称真面目な中年男。気が付けば人生の日暮れ近く。平和主義だが基本は辛口。風俗といえど女性との一対一の付き合いと捉え、立場や気持を尊重することで良好なコンタクトを生むとする派。年代…

記事一覧新着記事

新着記事一覧はこちら

カテゴリ別の記事一覧『体験談』カテゴリの記事

『体験談』記事一覧はこちら