風俗トピックスでは風俗のタメになる話題を提供しています♪

風俗トピックス

記事タイトル:店外デートに誘われたときの上手い断り方は?

ライター:百花繚乱   閲覧数:785

2019-07-05 11:56:22

こんにちは、アダルトライターの百花繚乱です。

今回は風俗で働いていると誰もが経験するであろう「店外でのデートに誘われた」場合の、上手な断り方について解説していきます。

断り切れず店外デートをしたときに想定されるトラブルや、悪い断り方の例も書いていきますので、風俗嬢の皆さまはぜひ参考にしてくださいね!

【店外デートには危険がいっぱい?】

はじめに、お店で知り合ったのにもかかわらず店外でのデートに誘ってくるお客様の中には、紳士的な男性はまずいないということを念頭に置いておきましょう。

その人はお店の中では話しやすいお客様かもしれませんし、プレイもあっさりしていてラクな相手かもしれません。または「お店を通さない分、たくさんお金を渡すことができるから」なんて甘い言葉を発することもあります。

風俗嬢側としてはそのお仕事をしているくらいですから、少しでも多くのお金をいただきたいと思っているはずです。しかし世の中には、なかなかそんなおいしい話はありませんね。

「〇万円を渡すよ!」とはっきり言っていたのに、店外デートをした後に半額に値切られた……お金を払ってもらえずに逃げられた……そんなのは当たり前に起こりうることです。

それから、お店の外では風営法に基づいた常識は通用しません。店外に出た時点で、そのお客様とは「自由恋愛」になります。

イヤだというのに無理やりホテルに連れ込まれた……妊娠したのに、お金ももらえずに音信不通になってしまった……。こんな恐ろしい話も、決して都市伝説ではないのです。店外デートをしてしまったら、あなたの身にも実際に起こるかもしれないのです。

【良くない断り方の例】

普通は、店外デートはしたくないと考える風俗嬢がほとんどです(お金が欲しくて店外デートしたがっている風俗嬢は、ちょっと横に置いておきますね)。

しかし風俗で働いていたら、このお誘いからはまず逃れることはできません。たいていの人が、一度は誘われてしまいます。

そういうとき「まだ会ったばかりだし、何度か通ってもらわないとわからないよ〜」というふうに、お茶を濁したようなあいまいな断り方をする風俗嬢もいます。これは良くありません。

お客様がその言葉を鵜呑みにして、あなた指名で通い詰めてくださった場合はどうしますか?言い訳が通用しなくなり、店外デートにお付き合いをするしかなくなってしまいます。

もっとひどいときには「こんなに通ったのに、あの言葉は嘘だったのか!」と、トラブルに発展しないとも限りません。店外デートのお誘いは、きっぱりとお断りをしたほうが賢明です。

一番店外デートを断りづらいのが、相手がすでに何度も指名をくださっているリピーター様だった場合です。これを断るのには、少々テクニックが必要になります。

ついつい「紳士的なお客様だし、お食事くらいならいいか……」と考えてしまい、のこのことついて行くといった油断は禁物です。お店の外でどんな悪人に豹変されても、文句を言いに行ける場所はありません。

お店さえ通せば、お店のスタッフさんたちがあなたを守ってくれます。トラブルが起こったときにも、ちゃんと対処してもらうことが可能なのです。

お金がたくさん欲しいのはわかりますが、店外デートをするくらいなら正規料金を支払っていただいて、お店を通して「貸し切り」をしてもらえるように上手に持っていきたいところですよね。

【上手な断り方の例】

それでは、上手く店外デートをお断りする方法も書いていきます。あなたはそのお店に所属しているのですから、お店を言い訳に使わせてもらうのが角が立ちません。

「スタッフさんから、店外デートはしないようにきつく注意されているから」という断り方はして大丈夫です。ありがたいことに、ほとんどの風俗店は実際に店外でお客様と会うことを禁止してくれています。

禁止事項を破ってこようとしているのはそのお客様のほうですから、きっぱりと言い切ってかまいません。それで気を悪くされたらどうしよう、なんて気に病む必要もないのです。

万が一怒ってアンケートに悪く書かれたり、お店にクレームを入れられたりしたときには「そのお客様、店外デートに誘ってこられたのでお断りをしたら気を悪くされました」ということを、隠さずにお店に言いつけてしまいましょう!

たまに、それでもしつこく誘ってくるお客様もいます。そういった場合には「以前お客様と店外デートをした女の子がいて、バレてお店をクビになった」と嘘をつくのも良い方法です。女の子がお店をクビになった際の、詳細な作り話をしてもいいです。

そのお客様は、クビになってしまったあなたの面倒を見られるわけではありません。たいていの男性は諦めてくれることでしょう。

それでも諦めてくれないような、ねちっこいお客様に対しては?それはもう紳士な人でも何でもありませんよね。それこそお店に報告をして、あなたのストレスが溜まらないようにNGにしてしまうことをおすすめしますよ。

ライタープロフィール

百花繚乱

百花繚乱 元風俗嬢

アダルトライター・風俗ライターの百花繚乱です。 お下劣ショークラブからスタートし、アダルトライブチャット、セクキャバ、デリヘル、ホテヘルなどを転々と経験。 元メンヘラ風俗嬢ですが、…

記事一覧新着記事

新着記事一覧はこちら

カテゴリ別の記事一覧『夜のお仕事・求人』カテゴリの記事

『夜のお仕事・求人』記事一覧はこちら