風俗トピックスでは風俗のタメになる話題を提供しています♪

風俗トピックス

記事タイトル:風俗店に女性が入店する際の一連の流れ

ライター:小野妹子   閲覧数:762

2020-03-04 12:09:04

風俗店で女性が入店する際、その女性の面接から初出勤…そして退勤までの流れはどのようになっているのか気になるという人は少なくありません。
今回はその流れについてご紹介したいと思います。

【面接までのきっかけについて】

風俗店に女性が面接しに来るきっかけは3パターンあります。

・スカウトマン

風俗業界で最も多いとされるスカウトマンからの紹介です。
契約しているスカウトマンから連絡を受け、面接を行います。
大抵の場合、路上でスカウトしてそのまま面接というパターンが多く、電話をしてきたスカウトマンが指定する場所までドライバーの迎えを出します。

ソープランドやファッションヘルスの様な店舗型風俗店の場合はドライバーの数が少ないために直接女性&スカウトマンがお店まで足を運ぶ場合もあります。
スカウトマンからの紹介で面接を行う場合、スカウトマン自身も同席することが多いです。

・求人広告からの応募

ネット上で掲載されている求人広告から応募してくるパターンです。
近年は上記で紹介したスカウトマンの取り締まりが厳しくなっているため、女性を確保するルートとして求人広告に注力するお店も多くなりました。
求人サイト内のダイレクトメールでやり取りした後、直接店舗と連絡を取り合うパターンが多い様です。

・関係者からの紹介

お店で働いている女の子やスタッフから紹介を受けるパターンです。
多くの場合紹介してくれた人間に少額ではありますが紹介料が発生します。
スカウトマンに対する報酬(スカウトバック)とは異なり、即金で現金が支払われる買い取り方式の場合がほとんどです。

【面接の内容】

風俗店の面接では主に身分の確認、プロフィールの作成、簡単な写真撮影が行われます。

・身分の確認

風営法によって厳しく規律が決められている風俗店では、働く女性の身分確認が必須となっています。
一昔前までは住民票等があれば簡単に入店できていましたが、ここ数年は必ず顔付の身分証が必要となっているのです。
しかも公的な身分証として使用できるものでなければならず、運転免許証、マイナンバーカード、住基カード、パスポートのいずれかでなければ認められません。
大学生や専門学生の持つ学生証や、資格等の顔付き免許でも身分確認は通らないのです。

・プロフィール作成

面接はそのまま女性のプロフィール作成に繋がります。
風俗ではほとんどの場合面接で落ちる、ということはありません。
もちろんお店のグレードによっては落とされてしまうこともありますが、大衆店〜中級店あたりは著しく体型が太っていたりしない限りは入店可能となります。

面接の中では身長やスリーサイズ、趣味といった簡単な自己紹介プロフィールと共に性癖や性感帯などのサービスにまつわる質問事項があります。
これらを聞き取り、女性のプロフィールを作成…そしてお店のホームページへと反映させるのです。

・簡単な写真撮影

パネル写真を撮影するまでの間に使う写真を撮影します。
スマホ等で行う簡単な撮影です。
女性によっては自撮り写真を貰ってそれを使用する場合もあります。

【出勤から体験入店】

面接が終わった後はそのまま体験入店するパターンと初出勤の日取りを考えて別日から入店するパターンがあります。
そのまま体験入店する場合、仕事内容の説明やお店のルールを女の子に伝えている間にスタッフがプロフィールの作成と宣伝を同時進行で行う場合がほとんどです。
宣伝はメルマガの配信やLINE、風俗の宣伝サイトで新人速報などを打ち出します。

お店としては女の子やスカウトマンに「忙しいお店」という印象を持ってもらいたいため、とにかくスピード重視で宣伝を行い仕事を取ってくるのに必死です。
新人さんへの仕事の説明が終わる頃には仕事が一件入っている状態になるのが理想的とされています。

【退勤時の流れ】

一日の出勤が終わった後は給料の支払いと次回出勤の予定を組みます。
風俗店のほぼ全ては完全日払い制となっており、その日働いた分の給与は全て女性に支払われるのです。
そのため次回出勤をしっかりと組んでおかないと次の出勤に繋がらない可能性があります。

上記でも少し触れましたが、こうした次回出勤はその日が忙しかったかどうかによって左右されることが多いです。
体験入店をしたのに仕事がほとんどつかない状態の場合、女の子はお店が忙しくないと判断し次回出勤を見送ってしまいかねません。
お店にとって新人さんの入店は在籍嬢を増やせるかどうかの大事な業務の1つなのです。

【まとめ】

今回は風俗店に女性が入店する際の一連の流れについて解説させて頂きましたがいかがでしたでしょうか?
一口に入店といっても、実際は様々なプロセスがお店の中で行われています。
またパネルマジック等で騙されたくない、という人はこうした新人を狙うことで実物に近い写真を選ぶことができるのです。
ただ逆にお店も新人の仕事を取ることに必死であるため、ごり押しでおススメしてくる可能性も高いため、その部分は注意が必要と言えるでしょう。

ライタープロフィール

小野妹子

小野妹子 業界関係者

元風俗店経営者 19歳から風俗業界へ飛び込み、20歳で店舗責任者へ就任 以降エリアマネージャー等に昇格後、諸事情により退職 その後別グループにてフランチャイズで店舗展開し、経営を安定させ…

記事一覧新着記事

新着記事一覧はこちら

カテゴリ別の記事一覧『夜のお仕事・求人』カテゴリの記事

『夜のお仕事・求人』記事一覧はこちら