風俗トピックスでは風俗のタメになる話題を提供しています♪

風俗トピックス

記事タイトル:デリヘルと店舗型ヘルスで働く、それぞれのメリットとデメリット

ライター:百花繚乱   閲覧数:1357

2018-11-09 14:57:03

こんにちは、アダルトライターの百花繚乱です。

今回はデリヘル(デリバリーヘルス)と店舗型ヘルスの、ふたつの風俗業種を比較していきたいと思います。この2業種はプレイ内容こそ似てはいるものの、まったく違う業務形態なのです。

ヘルスに勤めるのが初めてだというあなたは特に、このコラムを参考にしてくださいね。

【デリヘルのメリット】

デリヘルのメリットからご説明していきます。まずデリヘルは数ある風俗業種の中でも、とっても店舗数が多い業種です。大都市にはもちろん、地方都市にもデリヘル店は数えきれないくらいあるのです。

そんなデリヘルのコンセプトは、お店によって実にさまざまです。学園系・ギャル系・清楚系・巨乳系・ぽっちゃり・お姉さま系・人妻系・熟女系・・・。細かいジャンルで言えば、もっともっと種類があります。

これだけの種類があれば、どれかひとつくらいあなたのタイプやキャラクターに会うジャンルはあるでしょう。同じ清楚系ひとつとってみても激安店、大衆店、高級店などと分かれていますので、あなたのルックスレベルや稼ぎたい額に合わせてお店をチョイスすることも可能です。

激安店ではコース時間も比較的短そうですが、中級~高級デリヘルを使われるお客様は、かなりのロングコースを取ってくれることもよくあります。あくせくせずにゆっくりと接客したい、プレイばかりでなくお話内容や恋人接客でも惹きつける自信があるという女性には、デリヘルのほうが働きやすいでしょう。

【デリヘルのデメリット】

デリヘルは店舗型とは違って、女性はお客様に呼ばれた指定のホテルやご自宅まで行かなければならないということがデメリットのひとつです。

近い場所ならまだマシなのですが、下手をしたら片道30分~1時間くらいの長距離を移動しなければならないなんてことは珍しくはありません。もちろん、移動時間にお給料は発生しないですから、完全な無料サービス時間を取られてしまいます。

そしてやっとお客様のお部屋についたら、そこがゴミ屋敷だった・・・なんてこともあり得ます。いつ掃除機をかけたかもわからない埃だらけの床を歩いて、壁がカビだらけのシャワールームでシャワーを浴び、洗ったことがあるのかないのか不明なベッドシーツの上でプレイをしなければならないのは、女性にとってはかなりのストレスです。

今業界で大問題となっている盗聴や盗撮の危険性も、店舗型と比べて格段に高いことも忘れてはいけません。カメラが内蔵されていそうな怪しい小物が、ベッドサイドにこっち向きに置かれてあったりしたら危険信号です。今の盗撮カメラは、カメラ型でないことも多いのです。ボールペン型やメガネ型、車のキーの形の盗撮カメラも、ごく普通に売られている時代なのです。

この対策としては、さりげなくバスタオルをかけてしまう、天然のふりをして「これ何~?」と触ってみせる、盗撮カメラに映らないように電気を真っ暗にしてプレイするなど。デリヘルでは、自分の身は自分しか守れないのです。

【店舗型ヘルスのメリット】

一方店舗型ヘルスの場合ですが、そういった盗撮カメラを仕掛けられる危険性はずっと低くなります(ゼロではありませんが)。もし万が一盗撮をされていることに気が付いたとしても、店舗型ヘルスでしたらスタッフさんがすぐ近くにいますので、すぐにプレイを中断して人を呼びましょう。

しっかりしたお店でしたら、盗撮客にもそれなりの対応をきちんと行ってくれます。基本的にその場を自分一人で戦わなければならないデリヘルと比べたら、安心感は雲泥の差でしょう。

またお客様によっては、お店で禁止されているプレイやあなたが嫌がるプレイ、果ては本番を強要してくるという人がいないとは限りません。こういった大ピンチの場合でも、スタッフさんにコールを入れて即来てもらえることができます。

店舗型ヘルスはデリヘルに比べてバック金額が安めのこともあります。しかし、無駄な移動時間はありませんよね。ショートコースを設けている店舗型ヘルスも多くありますので、単価よりも本数をこなして稼ぎたいという女性にはぴったりです。

ゆっくりとお話もできないのはつまらないな~と思う女性には向かないかもしれませんが「人見知りで、お話するのも苦手。プレイだけに集中できるならいいのに」と考える女性には最適の業種といえます。

【店舗型ヘルスのデメリット】

上でも少し触れたように、店舗型ヘルスはバック金額がデリヘルと比較すると安めです。しかし、デメリットといえるものはそんなに多くはありません。

バックが安いのはデリヘルほどの大きなリスクを負わないこと、回転で稼げるからなどちゃんと理由があります。

あとは店舗型ヘルスは風営法で深夜24時までの営業と定められていますので、深夜~明け方に稼ぎたいという人は無理です。

デリヘルと店舗型ヘルスのどちらを選ぶにせよ、それぞれのメリットとデメリットをしっかりと調べて、比較検討して後悔のない働き方をしたいですよね!

ライタープロフィール

百花繚乱

百花繚乱 元風俗嬢

アダルトライター・風俗ライターの百花繚乱です。 お下劣ショークラブからスタートし、アダルトライブチャット、セクキャバ、デリヘル、ホテヘルなどを転々と経験。 元メンヘラ風俗嬢ですが、…

記事一覧新着記事

新着記事一覧はこちら

カテゴリ別の記事一覧『夜のお仕事・求人』カテゴリの記事

『夜のお仕事・求人』記事一覧はこちら