風俗Q&Aドットコム - 業界人に相談できるQ&Aサイト

風俗トピックス

記事タイトル:風俗店のお金の流れってどんなもの?経営の内部事情をご紹介

カテゴリ: 夜のお仕事・求人

閲覧数:1071

投稿日時:2018-09-19 21:19:10
ライター:小野妹子

皆さんが普段使っている風俗店。
その経営事情ってなかなか分からないものですよね。
支払ったお金の何パーセントが女性に渡されているのか、実際に利益ってどれくらいなのか…。
今回はそんな風俗店の内部事情について解説して行きたいと思います!

【働く女性に対して渡す金額】

お客様から頂いたお金のうち50~60%は女性のお給料となる場合が多いです。
例えば20000円のお仕事なら10000~12000円位が女性の取り分になります。
ここからキャストが人気の女性で給料を上げているならその分プラスで支払うことになり、1000~3000円位プラス位が相場です。

またお店でイベントをしている場合はさらにそこから割引分が粗利益から引かれることになります。
店舗によってはイベント割引分を女性のお給料から引くところもある様ですが、基本的には全てお店が負担している場合がほとんどです。
割引価格はお店にもよりますが、大体1000円~2000円が相場でしょう。

(例)
20000円のお仕事を人気のキャストがイベント料金で請け負うと
20000円-10000円(キャストの取り分)-2000円(キャストのプラスの給料)-2000円(イベント料金)=6000円

となり、お店の粗利益は6000円となるのです。

【お店側で必要なお金について】

風俗店を経営していく上で必要なお金というのは様々ですが大きく分類すると5つになります。
ここではそれぞれの必要なお金について解説致します。

①従業員の人件費

先程紹介した女性に対しての報酬以外にも、風俗店では男性スタッフやドライバーが働いているので人件費が当然必要になってきます。
通常のフロントスタッフの日給は10000~12000円位が相場とされていて、ドライバーの場合は時給900~1200円位が平均値です。
平均的な中規模のお店で4~5人のフロントスタッフが出勤、デリヘルではドライバーは2~3人のキャストにつき1人の割合で出勤します。
つまり一日20名の出勤があるお店の場合は、7~10名のドライバーが出勤することになるのです。

②広告費

風俗店にとってお店の宣伝ができる場所はインターネット上しかありません。
従って必然的に風俗の広告サイトに登録する必要があります。
登録する広告サイトは利用者であるお客様が思うよりもかなりの量を登録しており、また広告費も最大手広告サイトの場合一件の契約で20万円前後必要となるケースもあるのです。

③スカウトバック

スカウトマンから紹介された女性が稼いだ金額の10~20%をスカウトマンに支払います。
これがなかなか苦しくて、なんとかこれを節約できないかと多くの経営者が頭を抱えている問題でもあるのです。

お店が乱立する様になってしまった風俗業界は、どこのお店も働き手であるキャストが足りず、常に募集しています。
少しでも多くのキャストを確保するためにスカウトマンを利用しているお店もかなり多く、求人をスカウトマン頼りにしているところが多いのです。
そのため、なかなかスカウトバックを下げることが出来ずに経営を圧迫されるお店もよく見られます。

④ホテル代

ホテヘルなどの業種の場合はホテル代込みでの案内になるため、女性にフロントで渡す代金を持たせるため、上記の『ホテル代』という項目が加わります。
ホテル代を別できちんと計上しておくことで、どこのホテルでどれくらい使っているのかを割り出して経営改善に役立てる所が多いです。
ホテル代は一回の利用につき1300~2000円位が相場となっています。

⑤備品関係(コスプレやイソジンやローションなど)

お店で使う備品も、もちろんお店で準備しなければいけません。
イソジンやグリンスと言った消耗品や、バスタオルのレンタル費、コスプレや電マなども買い揃える必要があります。
中規模店舗でその費用はおおよそ7~10万円程度です。

【風俗店で得られる利益について】

上記の内訳を見ると分かる様に、風俗には実はかなり必要経費が多いのです。
高級店や激安店などである程度売上に差はあるものの、全売り上げの1割程度が純利になるのが一般的とされています。

①ホテルヘルスの場合

お客様から頂く料金-女性の給料-指名料等-スカウトバック-イベント-ホテル代=仕事一本分の利益
という計算になります。平均的なホテルヘルス店の料金を当てはめてみると

18000円-9000円-2000円-1650円-2000円-1300円=2050円

このような感じで一本当たり2050円程度の利益が出ます。
ここからまた人件費や広告料などが引かれますが、ホテルヘルスは基本的にドライバーがデリヘルに比べてそこまで必要でないため、人件費が安く収まる傾向にあります。

②デリバリーヘルスの場合

お客様から頂く料金-女性の給料-指名料等-スカウトバック-イベント=仕事一本分の利益
という計算になります。平均的なデリバリーヘルス店の料金を当てはめてみると

18000円-9000円-2000円-1650円-2000円=3350円

ホテルヘルスとの大きな違いはホテル代の有無です。
デリヘルは基本的にお客様の家か、すでに入られているホテルへの派遣になるため、コチラでホテル代を持つ必要がありません。
ただしドライバーの出勤数が多いため、最終的に人件費が多めに掛かってくるという面も忘れてはいけません。

【まとめ】

今回は風俗店のお金の内部事情について解説させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。
お店を利用しているだけでは分からない、お店の裏側というものをお分かり頂けたかと思います。
もし一緒に風俗遊びに興じる友人なんかがいらっしゃる方は、待ち時間の間にお話のネタとしてお友達にもぜひこのことをご紹介してあげてくださいね。

ライタープロフィール

小野妹子

小野妹子 業界関係者

元風俗店経営者 19歳から風俗業界へ飛び込み、20歳で店舗責任者へ就任 以降エリアマネージャー等に昇格後、諸事情により退職 その後別グループにてフランチャイズで店舗展開し、経営を安定させ…

記事一覧新着記事

新着記事一覧はこちら

カテゴリ別の記事一覧『夜のお仕事・求人』カテゴリの記事

『夜のお仕事・求人』記事一覧はこちら