風俗Q&Aドットコム - 業界人に相談できるQ&Aサイト

風俗トピックス

記事タイトル:そんなところまで!?知られざる女性の隠れ性感帯!

カテゴリ: プレイ・オプション

閲覧数:2148

投稿日時:2018-07-13 15:57:03
ライター:小野妹子

女性とのセックスの時、もちろん皆さん前戯はしていますよね。
その際に愛撫する場所って、セックスの回数を追うごとにマンネリ化していってませんか?
多くの方はきっと首筋と胸、それからアソコを触っておしまい…なんて感じでしょうか。
正直言って、それだけでは女性は満足していません!

女性の体には、男性が知らないだけでもっとたくさんの性感帯があるんです。
今回はそんな隠された性感帯について解説していきたいと思います。

【バックが好きな女性が大多数の「おしり」】

「後ろからされるのが好きという」女性はお尻も性感帯である場合が多いです。
触れるか触れないかギリギリのフェザータッチで刺激してみたり、両手で豪快に揉みしだくのも有効です。
よくアダルトビデオなんかでお尻を叩いたりするスパンキングと呼ばれるプレイもがありますが、あれに関しては意見が半々に分かれます。
されると興奮したり、快感から膣がキュッと締まる方もいれば、嫌悪感を抱いたり、ひいてしまう方もいらっしゃいます。
軽く叩いて女性が嫌がらないか、また叩かれる事を本当に求めているのかをよく観察してから行うべきでしょう。

【女性器に近く、焦らされる事で興奮する「内もも」】

手マンやクンニリングスを行う前に愛撫すると、その後の反応をより良くさせられるのが太ももの内側、内ももです。
乳首やクリトリスの様な、のけ反るほどの快感を与える訳ではありませんが、女性器への愛撫前の刺激として非常に有効な部分と言えます。
軽く指でなぞったり、唇をつけて軽くキスをすると良い刺激に。
舌を這わせて女性器の周りを責めていくイメージで愛撫してあげると良いでしょう。
女性器を愛撫するまでの「焦らしプレイ」として時間を掛けてあげることで、より一層次の刺激への期待が高まります。

【ちょっとマニアックな部分「膝、膝裏」】

内ももを刺激している際に、女性が嫌がらなければ膝と膝裏を舐めてみたり、吸ってみたりしてみて下さい。
普段刺激が当たる事のない部分ですので、敏感な人は過剰に反応したりする場合があります。
特に膝の裏側はリンパが集中しており皮膚の薄い部分になっていますので、刺激に弱い特徴があるのです。
くすぐったがる方もいらっしゃるので、その場合はムードを壊さない様に別の場所を刺激しましょう。

【神経が集中している代表的な箇所「指」】

人間は指に神経が集中しており、感覚が鋭くなっています。
相手の指をくわえたり、先っぽをチロチロと口の中で転がす様に舐めてあげると良いでしょう。
大きく舌を出して女性の指と指の間をねっとりと舐めてあげるのも効果的です。

また手の指だけでなく足の指でも同じような快感を与えることが出来ます。
指への刺激というのは、大きな快感がある訳ではありませんが、女性の興奮度が高まるプレイです。
強い刺激を与える前の前戯として行うと、お互いの気持ちを高められるでしょう。

【首筋とセットで考えると良い「うなじ」】

首筋は多くの方が刺激する部分の一つですが、うなじまで愛撫する人は少ないです。
首筋を愛撫する時は舌を這わせたり、軽く噛んでみたりすると思うのですが、うなじにも同じ様にやってみましょう。
舌先でうなじ全体をくすぐる様にして舐めると良い反応を得られると思います。
愛撫しながら耳元で優しく囁いてあげたり、耳への愛撫(舐める、軽く噛む、息を吹きかける)をしてあげるとより効果的です。
首筋が敏感な人はうなじもそのまま性感帯であるケースが多いので、ぜひ試してみて下さい。

【以外に多い感じる場所No1「背中」】

人体部位の面積が一番広い背中は、なんだか鈍感な部分の様な気もしますが、実は「背中の愛撫に弱い」という女性は少なくありません。
フェザータッチで指を動かしてみたり、チュッチュッと吸い付いたり、舌で大きく舐めあげたりすると刺激を与えやすいです。
軽く爪を立てて、ひっかく様な刺激が好きな方もいらっしゃいます。
背中への刺激に以上に弱い女性も少数派ではありますが存在しており、噛んだりつねったりされるとそれだけでイキそうな位気持ち良いそうです。
もちろん感じ方には個人差がありますので、女性が本当に気持ち良いかどうかを表情や声から読み取ることが一番大切ですよ。

また後ろから責められるというのも女性にとって興奮するシチュエーションであり、感じやすい理由の一つです。
自分の見えない所から体を愛撫されるというドキドキ感と、後ろから抱きかかえられている様な安心感が、女性をそうさせるのでしょう。
男性の皆さんは前からだけでなく、たまには後ろから女性を責めてみても良いかもしれませんね。

【まとめ】

今回は女性が感じる性感帯の場所や責め方について解説致しましたがいかがでしたでしょうか。
女性の多くは自分が本当に感じる場所というのを、恥ずかしさのせいでなかなか男性に伝えられません。
行為中、気持ち良い所を言わせようとする男性も多いですが、それを素直に口に出せる女性は少ないでしょう。
それだけ男性には、セックスにおいても女性に対して察する力が必要とされるのです。

様々な性感帯の場所を把握したり、多彩な触り方をマスターして女性に喜ばれる前戯が出来る様になれば、デキる男の仲間入り!
女性に「あの人とのセックスは気持ち良い…」と思わせれる様に、日々精進しましょう!

ライタープロフィール

小野妹子

小野妹子 業界関係者

元風俗店経営者 19歳から風俗業界へ飛び込み、20歳で店舗責任者へ就任 以降エリアマネージャー等に昇格後、諸事情により退職 その後別グループにてフランチャイズで店舗展開し、経営を安定させ…

記事一覧新着記事

新着記事一覧はこちら

カテゴリ別の記事一覧『プレイ・オプション』カテゴリの記事

『プレイ・オプション』記事一覧はこちら