風俗トピックスでは風俗のタメになる話題を提供しています♪

風俗トピックス

記事タイトル:「あの子、風俗をしているのかな?」と気づかれない方法は?

ライター:百花繚乱   閲覧数:1300

2018-10-19 15:36:40

こんにちは、アダルトライターの百花繚乱です。

風俗嬢をやっていて、一番怖いことのひとつが「身バレ」ですよね。特に家族や、付き合っている彼氏に風俗で働いていることがバレたとしたら、これはもう破滅です。

また、街を歩いているだけなのに「あ、あれ風俗嬢じゃない?」なんて、知らない人たちにコソコソ言われたりするなんて心底ゾッとします。

しかしバレることの原因は、ほぼほぼあなたの行動や身なりからだということを忘れてはなりません。身バレは、あなたの心がけ次第である程度防ぐことができるのです。

今回は、あなたが風俗をしているということが周りにバレない極意をお教えします!

【地元では働かない】

一番身バレしやすいものが、地元で働くこと。ちょっと考えてみれば、当然なぜだかわかりますよね?

地元や、今住んでいる近隣では働かないようにしましょう。ご近所さんや知り合い、顔見知りの男性が来店する確率は高いです。お店で出くわしてしまったとしたら言い逃れはできませんし、下手をしたら「黙っててやるから…」なんて脅されないとも限りません。

デリヘルでも、知り合いが多く住んでいる地域などは派遣NG地域にしておくことを忘れずに。少しの気のゆるみが、あなたの破滅を招きます。

わたしの現役時代には都内在住のときでも、わざわざ横浜などのお店に勤めたりしていました。自宅から離れた場所まで通勤することは面倒くさいものですが、身の回りの人とどうしても出くわしたくなければ、そうするしか方法はありません。(それでも実は一度だけ知人男性にデリバリーされた苦い経験があります。この話は長くなりますので、別の機会に)

絶対に誰にも身バレしたくない!と強く思うならば、地方への出稼ぎ専門で働くこともひとつの手です。出稼ぎは、かなり身バレのリスクを減らすことができます。

【写メ日記に気を抜かない】

風俗で働いているとしなければならないもの、それが写メ日記です。皆さまご存知ですよね?

言わずと知れた風俗嬢がお客様を増やすための営業ツールですが、これには細心の注意が必要です。お店の在籍が長くなってきて写メ日記ネタに行き詰まると、ついついやってしまいがちなことが「いつも着ている私服で写っている写メを載せてしまう」または「友達限定SNSに乗せた、食べ物などの写メを使いまわしてしまう」などということ。

まず、普段着ている私服で写っている写メは、たとえ顔をスタンプなどで隠そうともあなただということが見る人にバレます。そして、風俗嬢に興味がないふりをしながらも写メ日記をしっかりとチェックしている知人男性は、意外にも多いのです。ひとりにでもバレたら最後、仲間内ですぐにその写メ日記は拡散されてしまうことでしょう。怖すぎですよね。

そして、写メの使いまわしは絶対にやってはいけません。SNSを全体公開にしている人ならばそんなことはまずしないでしょうが、友達限定にしている人は気がゆるみがちです。写メ日記のネタがない日に、軽い気持ちでインスタに載せたスイーツの写メを使いまわしてしまって、知人バレした友達がいます。男性は、あなたが思っている以上に目ざといのです。

【身なりにも気をつける】

1. 分不相応なブランド物を身に着けない

風俗で働いていると、同年代の友達よりも自由になるお金は増えます。がんばっている自分へのご褒美にブランドバッグを買ったり、ストレス解消のために高価なブランドコスメを買いあさったりする人も多くいるかと思います。

ここで怖いのが、同じ女性からの視線です。「なんであの子だけ、いつもあんなにお金があるんだろう?」なんて、疑われだしたら最後です。女性というのは嫉妬深い生き物ですので、そのブランドの出どころを何としてでも探ってくるでしょう。

2. 石鹸やイソジンの匂いに気をつける

風俗嬢からは、独特な匂いがすることが多いです。自分が働いているときは、その匂いにマヒしていて気が付きません。わたしは引退した今は、繁華街の近くの電車内などでイソジンやボディーソープの匂いが漂ってくると、ドキッとして周りをついつい見回してしまいます。

女性のわたしでも気づくのですから、風俗に行った経験のある男性たちには即バレてしまうでしょう。電車内や駅などでチラチラ見られながらヒソヒソ話をされるなんて、不快すぎませんか?

もっと怖いのは実家住まいで兄弟がいたり、彼氏と同棲していたりする人。ボディーソープはお客様だけでなく、自分にも無香料のものを使うようにしましょうね。

3. ラブホの備品は持ち帰らない

風俗のお仕事では、髪の毛をまとめなければいけない場面がたくさんあります。その場合ラブホでしたら備品のヘアクリップやシュシュを使うこともあるでしょうが、その場だけで必ず置いて帰ってください。

よくバッグや手首にそういったものをつけている女性を見かけますが、一目で「プロの女性だろうな」と思います。ラブホの備品って、結構すぐにわかります。稼いでいるのですからそんなところでセコイ節約はせずに、ちゃんとしたショップでかわいいものを購入するようにしましょうね!

ライタープロフィール

百花繚乱

百花繚乱 元風俗嬢

アダルトライター・風俗ライターの百花繚乱です。 お下劣ショークラブからスタートし、アダルトライブチャット、セクキャバ、デリヘル、ホテヘルなどを転々と経験。 元メンヘラ風俗嬢ですが、…

記事一覧新着記事

新着記事一覧はこちら

カテゴリ別の記事一覧『夜のお仕事・求人』カテゴリの記事

『夜のお仕事・求人』記事一覧はこちら