風俗Q&Aドットコム - 業界人に相談できるQ&Aサイト

風俗トピックス

トピックスタイトルはじめて入った風俗は人妻ホテヘル!

カテゴリ: デリヘル

334

2018-05-09 14:44:50
百花繚乱


はじめまして、アダルトライターの百花繚乱と申します。

このサイトでは初コラムですので、まずは自己紹介からさせていただきたいと思います。

わたしは元風俗嬢です。現在は風俗からは完全に引退していますが、アダルトライターや風俗ライターとして活動しています。

【私の風俗デビュー】

わたしの風俗デビューはかなり遅咲きで、30歳になってからです。それまではショークラブや高級クラブなどの水商売をしたり、アダルトライブチャットでチャットレディをしたりなどしていました。もちろんそれは夜の時間のことで、お昼の本業は別にありました。

本業のお話は別の回にさせていただきますが、当然ながら夜のほうが断然稼げていましたので、どちらを本業と言っていいのかわかりませんね。

さて、はじめてのちゃんとした風俗は都内のホテヘルR店。まだ独身でしたが、年齢的にお姉さま・人妻店に入店しました。そこは同じ女性から見てもかなり嬢のルックスレベルが高く、なぜわたしが入店できたのだろうかと今になって不思議に思います(笑)。

たぶんお店側としては、「風俗業界未経験の初々しい若妻!」みたいなピュアな感じで売り出したかったのでしょうが、わたしは自分のブランディングもせず目先のオプション料金に目がくらんで「AF可能」なんてプロフィールに正直に記載していたものですから、お店の人は困惑して目を白黒させていました。

今でしたら、いくらやったことがあったとしてもAFなんてハードなものは封印して、業界未経験の初々しい人妻で押し通してしまったほうが圧倒的にトクなのだとわかります。みずからのキャラ設定がバラバラだったわけです。

結論から言いますと、わたしはわずか一か月でR店を辞めることになりました。お店の人にもそんなに気に入られなかったようですし、接客では本強をすべて断っていたらリピーター様が全然増えなかったからです。

それに気づいてからも、わたしは本強を受け入れようとは思いませんでした。根が真面目なのでしょうか?いや、決まりなので普通ですよね。

【ホテヘルってどんなの?】

わたしのはじめて入った風俗はホテヘルだと書きましたが、皆さまデリヘルとの違いはおわかりでしょうか?

デリヘルはデリバリーヘルスの略、ホテヘルはホテルヘルスの略です。ラブホテルやビジネスホテルに呼ぶデリヘルがホテヘルということなの?とよくわからずに勘違いをしている人も中にはいるかと思います。

それもそのはず、ホテヘルはデリヘルに比べると数が少ないのです。東京・大阪・名古屋・福岡などの都市部にはラブホテル街が多くありますので、比較的ホテヘルもたくさんあるようです。

ホテヘルの店舗はそんなラブホテル街の近くにあり、いくつかのラブホテルと提携しています。お客様はその店舗に足を運んで、女性のパネル写真を見せてもらって相手を選びます。そして提携のラブホテルに入って待ちます。

店舗の上の階などで待機していた女性は準備をし、そのラブホテルのお部屋に直接向かいます。提携のラブホテルですので、ひとりでも入れてもらえないようなことはありません。お客様と女性が店舗から一緒にラブホテルに向かうこともあるようで、こちらもデート気分が味わえるとあって男性には人気なようです。

ホテヘルで働く女性側のメリットとしては、店舗でお店の人が料金を受け取ってくれるので取りっぱぐれが起こらないことや、酔っ払いや怖い人はお断りしてもらえること、遊ぼうとする「お客様」である男性にしか自分のパネル写真を見られないこと、何かあったら店舗がすぐそばにあるのでスタッフを呼ぶことができるということなど…さまざまなものがあります。

【AFのオプション料金】

上で有料オプションのことにちょっと触れましたが、わたしが入店したR店のオプション料金はかなり高かったのです。それはAFで8,000円、しかも全額バックというもの。その8,000円が欲しいばっかりに、わたしは自己ブランディングもせずに嬉々として「AF可能」に設定していたというわけです。

これを読んでくださっている若い皆さまは、「8,000円なんてたいしたことない」と思われるかもしれません。若い子のお店では、10,000円のこともよくあると聞きました。

しかしこれは、人妻店ではとても高額のほうです。8,000円なんてお店は後にも先にもそのときだけで、通常3,000~5,000円、ひどいお店は無料でサービスなんてことも言われました。

巷では人妻風俗が大人気かのように言われていますが、現実はこんなもの。年齢を重ねれば重ねるほど料金面でサービスをしなければお客様は来ないですし、どんどんハードなプレイを要求されるようにもなるのです。

AFはたいへん危険な行為ですし、ときには汚いこともあります。高額なオプション料金ももらえないのに絶対やりたくはないプレイですから、無料サービスのお店のプロフィールでは「AFできません」に設定していたものです。わたしもちゃっかりしていますね。

でも、ちゃっかりしていて良いと思います。自分の身は自分で気をつけて守りましょう。お店の人も、プレイ中は決して守ってはくれませんものね。

ライタープロフィール

百花繚乱 元風俗嬢

アダルトライター・風俗ライターの百花繚乱です。 お下劣ショークラブからスタートし、アダルトライブチャット、セクキャバ、デリヘル、ホテヘルなどを転々と経験。 元メンヘラ風俗嬢ですが、…

トピックスタイトル新着記事

新着記事一覧はこちら

トピックスタイトル『デリヘル』カテゴリの記事

『デリヘル』記事一覧はこちら