風俗Q&Aドットコム - 業界人に相談できるQ&Aサイト

風俗トピックス

記事タイトル:出稼ぎ嬢必見!大阪の激安店~高級店までの特徴を徹底解説致します!

カテゴリ: 地域で見る風俗

閲覧数:359

投稿日時:2018-04-07 13:18:55
ライター:小野妹子

関西地方で最も栄えている大都市、大阪府。
商業がとても盛んで、天下の台所とも称されていたこの都市は、今なお発展を続けています。
地方で風俗業に就く方達にとって、都市部への出稼ぎの候補に入る大阪ですが、他の都市部に比べて店舗利用客の違いがはっきりとしています。
今回はそんな大阪出稼ぎへ行く際に参考となる、激安店~高級店までの特徴を解説していきたいと思います。

【未だに根強い人気のある激安風俗店】

大阪の一番の特徴はやはり価格競争が激しい店舗が多い所です。
激安店と一口に言ってもその価格帯は様々ですが、主に60分当たりの総額が12000円を下回る店舗を総称しています。
安いお店ではホテル代を含めて7~8000円程で遊ぶ事が出来る店舗もある様です。

また価格が安い理由は、その店舗を構える地域にも左右される事もあります。
代表される地域として西成区はホームレスの様な方達が路上に溜まりこんでいる事から、治安が悪いとされており、そのあたりの風俗の利用料は他の場所よりも安くなっているのです。
とは言っても、西成区だからと言って特別な割引がある訳ではなく、周りの施設の利用料が安いという話です。
例えばデリヘルを呼ぶ際に、自宅が使えないお客様はラブホテルに休憩で入る形でホテルを利用しまが、西成のホテルは1泊で1800円等の破格で利用が出来ます。
レンタルルームなども多く普及しており、ホテルよりも設備は劣るものの、安い値段で利用できることから人気があるのです。

さて、激安店において最も重要である回転率についてですが、正直なところ微妙と言えます。
理由は前述した通り、価格競争が激しい地域である為に、沢山の激安店が乱立しているからです。
確かに大阪の都市部である地域ならば、顧客数は地方の数十倍以上の人数が見込まれますが、その分店舗数が増えれば顧客は分散します。
さらに風俗嬢の数は年々増加傾向にあり、キャストに対してお客様が少なくなっている事も懸念されています。
この事から多人数のお客様を接客しなければ収入の見込めない激安店への入店は、控えた方が賢明であると言えるでしょう。

【大きな波の無い中級店は働きやすさ◎】

激安店より少し値段の上がる中級店は13000円~20000円以下までの総額で遊べる所を分類しています。
この価格帯は大阪でも非常に多く見受けられ、様々なコンセプトを掲げたお店が存在しており、自分に合う店舗が見つけやすいのです。
その為、大阪で働くキャストはこの中級店在籍が最も多いとされ、利用顧客数も一番となっています。

こういった中級店舗で働くメリットは先程述べたように、自分に合ったお店を選べるという選択肢の幅が広い事にあります。
たとえどんな条件であろうと、自分のNGプレイを強要されるお店では働けませんし、我慢して働くにしても勤務すること自体がストレスになってしまっては続くわけもありません。
従って広い選択肢があるという状況は、キャストにとってお店を選ぶ上で重要な要因なのです。

ただ給与条件に関して、1本あたりの単価は店舗によって差が激しいとも言われます。
同じ価格帯でありながらもキャストの出来るプレイなどによって指名料が変わったり、プレミア料金がついたりします。
例えば大阪で有名な巨乳の専門店であれば、カップ数に応じて指名料が変わるというお店があります。
Eカップなら1000円で、Fカップなら2000円といったようにカップが一つ上がるたびに1000円の指名料が加算されるというシステムです。
60分当たりの基本給が1万円として考えるとEカップのキャストのバックは11000円、Hカップなら14000円となります。
自身の強みとなるウリを把握していなければ、この様に人気などに関係なくキャスト間の給与格差が発生するのです。
コンセプト店が多いという大阪の特徴がこういった状況を生み出していると言えます。

しかし裏を返せば自分のウリや出来るプレイにマッチするお店で働く事が出来れば、高級店並み、もしくはそれ以上の給与を稼ぐ事が出来ると言えるでしょう。
選択の幅が広いのですから、中級店で働く際は慎重にお店選びをするべきです。
以上の事から働きやすさを考慮すれば、出稼ぎ先としては一番安定する職場ではないかと思われます。

【ハマれば一獲千金を狙える高級店】

最後にご紹介するのは高級店についてです。
60分当たり20000円を超える総額であればこれに分類されますが、大阪の地域でこの価格帯に該当するのはデリバリーヘルスとホテルヘルスのみです。
店舗型のファッションヘルスにここまで高級な所が無い事と、大阪にはソープランドの経営を許されている地域はない為、ソープが無い事が理由に挙げられます。
また有名な飛田新地では15~25分程度の利用時間が一般的である為、今回の解説からは外しております。

さて、話は戻りますがこの高級店と呼ばれる店舗はかなり少ないです。
というのも、そもそも店舗のシステム料金のみで20000円を超える所というのは非常に珍しく
大阪のほとんどの店舗は、システム料金を安く抑えてキャストの指名料に還元している場合が多いのです。
その為指名をすれば20000円を超えるものの、指名無しならば中級店と同じ価格で遊べるというシステムが一般的となっています。

とは言え基本料金で高額な料金設定をしている高級店も実際に存在しています。
この様な店舗のメリットは顧客が裕福層であることと言えます。
デリバリーヘルスが一番分かりやすいのですが、自宅派遣の仕事の場合、タワーマンションや綺麗な一軒家での利用が多い傾向にあります。
お客様本人がお金を持っているかどうかというのは、都市部でどの様な自宅に住んでいるかが重要な判断材料です。
タワーマンションの様な高級住宅に住める様な人は、文句なしに金銭的余裕のある人間だと言えるでしょう。

そんなお客様方ばかりが利用する高級店では、動くお金も桁違いです。
一般的なデリヘル利用顧客は60分~90分のコース利用が平均である事に対して、高級店の平均は120分~180分となっています。
その為1本当たりの仕事の単価は非常に大きく、1日2人相手をするだけで日給が6万円を優に超えるのです。
稼ぎの面だけで見れば、高級店はどんなお店よりも魅力がある様に見えますね。

ただ懸念されるのは高級店は稼ぎの波が激しいと言う所です。
お客様も目の肥えた方ばかりである為、ただ見た目が綺麗だというだけでは、人気が出ないのです。
接客の技術であったり、コミュニケーション能力であったり、求められるものが普通の風俗店とは比べものになりません。
それらが揃っていなければ高級店で指名を貰う事は難しく、出勤した所でお客様が付かないなんて事もザラにあります。
自分を常にお客様へ売り込む姿勢と、仕事に対する強い向上心を持っていなければ、安定した稼ぎを手に入れるのは難しいのです。
この入店する事も継続する事も難しい高級店は、出稼ぎ先として選ぶにはリスク性の高い店舗であると言えるでしょう。

【まとめ】

いかがでしたでしょうか?
大阪の風俗店の特徴についてある程度の事がお分かり頂けたかと思います。
激安店、中級店、高級店と実に多様な価格帯がありますが、自分の働き方に合っていると思う店舗を探すことが大切です。

今回は詳しく解説しませんでしたが見えチャットという集客の為の無料ライブチャットを行う店や
花びら回転と呼ばれるお客様と直接顔を合わせキャストを選ぶシステムの様な、様々な方法で集客を試みている店舗も多くあります。
自分が出来ないと思う事ははっきりと伝えておかなければ、無理矢理させられてしまうので注意が必要です。

また最近では大阪に限らず、出稼ぎの保証に関してのトラブルも多発しています。
事前に店舗と保証についての打ち合わせをしておく事を忘れない様にしなければなりません。

入店してから『こんなの聞いてなかった!』とならない為に、事前にしっかりとお店のルールを把握しておきましょう。

ライタープロフィール

小野妹子

小野妹子 業界関係者

元風俗店経営者 19歳から風俗業界へ飛び込み、20歳で店舗責任者へ就任 以降エリアマネージャー等に昇格後、諸事情により退職 その後別グループにてフランチャイズで店舗展開し、経営を安定させ…

記事一覧新着記事

新着記事一覧はこちら

カテゴリ別の記事一覧『地域で見る風俗』カテゴリの記事

『地域で見る風俗』記事一覧はこちら