風俗トピックスでは風俗のタメになる話題を提供しています♪

風俗トピックス

記事タイトル:ソープ用語「NS」「NN」って一体何?

ライター:小野妹子   閲覧数:466

2020-09-04 14:58:37

ソープランドの情報をネットで見る際に「S着」「NS」や「NN」「即即」といった用語を見かけたことはないでしょうか?
ある程度風俗に精通している人であればこの言葉の意味合いを理解できると思いますが、風俗遊びを普段はしない人や初めて利用する人にとってはよく意味が分からない言葉ですよね。
今回は風俗遊び初心者の方のために、これらの用語について解説していきたいと思います。

【S着】

S着とはスキン着用の略称です。
スキンとはコンドームのことであり、挿入の際にゴムを着用してのプレイとなります。

ソープでは最初に浴槽やマットでのサービスを行った後、そのままマットで挿入もしくはベッドに移動して挿入の流れになりますが、その際にスキンを着用します。
S着と言ってもプレイ全体を通してスキンを着用されるわけではなく、フェラや素股などのプレイは生のままで行うので安心して下さい。

一般的な大衆ソープや中級ソープではこちらのS着での挿入が基本サービスです。
お店や地域によってはS着でないところもありますが、基本はスキン着用であると考えてよいでしょう。

【NS】

NSはノースキンの略称でコンドームを付けるS着に対して、生のまま挿入を行うサービスになります。
基本的なサービス内容はS着と同じで、マットや浴槽でのプレイ時にスキンを着用することはありません。
そしてNSの場合は挿入時もスキンは着用せずに挿入まで行うことが可能です。

注意点としてあげられるのはスキンを着用していないからといって、中出しまでは許可されていない点になります。
お客様の中にはスキンを着用していないということは中出しまでOKだと勝手に勘違いしてしまう人もおり、トラブルの元になりがちです。
また、頭文字が合っていることから「生外出し」の略称として使う方も一定数います。

格安や大衆ソープではあまりみられませんが、中級ソープではNSでのプレイが可能なお店もチラホラ見られます。
本来は禁止されていますがキャストによっては追加料金を支払うことでS着店でもNSが可能になる場合も少なくありません。

【NN】

ノースキン中出しの略称で、ソープランドでは最も濃厚なサービスとして多くの方に利用されています。
上記で紹介したNSのサービスに加えて中出しまでOKという最上のサービスです。

NNがお店公認で可能なところはほぼ高級店しかなく、その分料金も高く設定されています。
地域によって値段はある程度変動しますが、大抵の場合入浴料とサービス料金の両方を合わせて5万円以上から案内しているお店が高級店です。

通常コースと特別コースといった感じで、同じキャストでもコースによって料金分けをしてNNを可能にしているお店もあります。

また注意点として高級店=NNが全て可能という訳ではありません。
高級店でもNSのみのお店もあるため、これらは確認が必要です。
料金が高かったからといって思い込みでNNプレイをしてしまうとトラブルに繋がりますので注意しましょう。

※NSと同じくこちらも頭文字が同じということで「ナマナカ(生中だし)」といった表現で使っている方もいる様です。

【即即】

即即は「即プレイ」「即尺」の二つを略称したプレイの表現です。
ソープランドでは基本的なプレイの流れが
洗体→マットプレイ→挿入(マットorベッド)となりますが、即即を採用しているお店では洗体をせずにすぐにフェラやベッドでの挿入が可能となっています。

高級店では2回抜きが基本プレイとなっており、その1回目のプレイとして即プレイを行うことがほとんどです。
従って即即は大衆店~中級店ではあまり見られないサービスとなっています。

例外として九州の熊本県では「熊本流」と呼ばれるソープランドの文化が根付いており、大衆店からでも即即プレイが可能なお店が多いです。
全国のソープファンが格安で即即プレイを求めて熊本に遠征へ向かうことも珍しくありません。

【一般的な風俗店でも使われるNSやNN】

挿入が基本サービスにあるソープランドに対し、デリヘルなどの一般的な風俗店では本番行為は禁止されています。
しかしネットの掲示板などを閲覧すると、NSやNNが可能な嬢について触れられていることも多く、その情報を鵜呑みにしてトラブルに発展するお客様も多いです。
ルール違反である上にお店が認めていないならば基本的に不明確な情報ですので、こうした内容の情報は安易に信用しない様にしましょう。

【まとめ】

今回はソープランドや風俗店のネット情報で使われる「S着」「NS」や「NN」「即即」といった用語について解説させて頂きましたがいかがでしたでしょうか?
解説の内容にもありましたが、ソープランドであればサービスの内容に含まれるものであり、信憑性のある情報であることがほとんどです。
逆にデリヘルやファッションヘルスといった風俗店の場合、そもそも禁止されているサービスであるため信憑性はありません。
ネットの情報は決して鵜呑みにせず、しっかりと吟味して楽しい風俗ライフを送りましょう!

ライタープロフィール

小野妹子

小野妹子 業界関係者

元風俗店経営者 19歳から風俗業界へ飛び込み、20歳で店舗責任者へ就任 以降エリアマネージャー等に昇格後、諸事情により退職 その後別グループにてフランチャイズで店舗展開し、経営を安定させ…

記事一覧新着記事

新着記事一覧はこちら

カテゴリ別の記事一覧『風俗総合』カテゴリの記事

『風俗総合』記事一覧はこちら