風俗Q&Aドットコム - 業界人に相談できるQ&Aサイト

風俗トピックス

記事タイトル:風俗用語で良く使われる『口開け』って一体なに?

カテゴリ: 風俗総合

閲覧数:832

投稿日時:2019-01-20 21:45:04
ライター:小野妹子

風俗業界で使用される「口開け」という言葉。
主に東日本で使われることの多いこの業界用語についてご存知の方はいらっしゃるでしょうか?
今回は、お店や風俗で働く女性にとって重要な「口開け」について、その意味と重要性を解説していきたいと思います。

【口開けとは出勤した日の最初の仕事のこと】

口開けとはキャストが出勤した日の一番最初のお仕事のことです。
「一番手様」なんて言い方をするところもあります。

口開けの語源は諸説ありますが、「閉じられている容器の封を切る」ということが転じて、物事の始まりや一番最初という意味として使用されるようになったという説が最も有力です。

「口開けからたくさん予約を頂いてるから今日は忙しい」
「いつもの本指名のお客様が口開けに予約を入れてくれた」
といった使い方をします。

また口開けという言葉自体は、実は昔から色んな商売で使われてきたもので、風俗業界に限った言葉ではありません。
とは言え「お店で一番最初の商い」という意味で使われることが多く、女性一人一人の最初の仕事として使われる風俗の口開けとは、少し意味合いが違います。
また一般的な商売店では、口開けは女性客であれば縁起が良いとされていることも特徴です。

【お店や風俗嬢にとって重要な口開け】

口開けはお店や風俗嬢にとって非常に重要な意味があります。
風俗嬢は基本的に給料が完全歩合である場合が多く、出勤してもお客さんが付かなかった場合、その日の給料は0円です。

出勤した時点で口開けに予約が入っていれば、その時点でお仕事1本分の給料が保証されるわけですから、それだけでモチベーションが上がります。
仕事が付かなかったらどうしよう、という精神的なプレッシャーから解放されるのです。

そのため多くの風俗店が、一番手の予約を埋めるために割引や特典を付けるなど、様々な工夫をこらしています。
お店側もキャストを手放さない様に必死ですから、こうした対策を立てることで女性が労働環境に不満を抱いてお店を辞めない様にしているのです。

・口開けを好む一定数のお客様

お客様の中には口開けでないと遊びたくない、という方が一定数いらっしゃいます。
女性がまだ誰にも触れられていない状態…というと少し語弊があるかもしれませんが、要は「他のお客のあとに接客されるのが嫌だ」という理由が多い様です。

またその他の理由としてあげられるのは
「口開けならキャストが疲れていないから、サービスが期待できる」
というものがあります。

たしかにラストのお仕事で身も心もクタクタになっている女性にサービスしてもらうよりも、出勤一番手で最も元気のある時に接客されたいですよね。
風俗嬢の中にはラストのお仕事で疲れ切ってしまって、手抜きなサービスになってしまう方も少なからずいる様なので、あながち間違いではありません。

せっかく風俗で遊ぶなら最良のサービスが受けられる状態で接客してもらいたいというのは当然のことでしょう。

【口開けとラストはどちらが良いとされるか】

風俗嬢にとっては口開けとラストのお仕事はどちらの方が良いとされるのでしょうか?
ここでは働く女性のそれぞれの声をまとめてみました。

1.口開けに予約が欲しい派

・一番最初に仕事が入っているとモチベーションが上がるから
やはりその日の一本目の仕事が決まっているか否かで、モチベーションが決まるそうです。
良いスタートが切れると、その分仕事にも打ち込めます。

・いつ仕事が入るか分からない状態だと精神的にキツい
口開けに仕事が入っていない場合、どうしても精神的にキツイと感じることが多いそうです。
特に女の子の出勤が多い日なんかは、自分に仕事が回ってくるか不安になってしまい、大きなストレスの原因となってしまうこともあります。

2.ラストに予約が欲しい派

・最終的に仕事の予約があると分かればいろいろ調整できる
ラスト枠での予約の場合も仕事が確定している分精神的に楽になる様です。
また、出勤時間を遅らせても問題がないため、身体的にも調整が効きやすくなります。

・それ以上仕事を詰め込まれない
最終枠、という形で予約が埋まっていればそのお仕事が終わればそのまま帰ることが出来ます。
通常のオーダーの場合、退勤時間ギリギリにオーダーを入れられることも多く、予定が狂ってしまったり、体調を崩してしまいがちですが、ラスト枠の予約があればそうした心配がありません。

風俗嬢にとっては口開けでもラスト枠でも、予約が入っているということに意義があります。
一概にどちらの方が良い、とは言えませんが少なくとも飛び込みで入るより、予約を入れたほうが女性には喜ばれるでしょう。

【まとめ】

今回は「口開け」という業界用語についての紹介と、その重要性について解説させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。

口開けはお店にとっても女性にとっても、その日一日のモチベーションを左右する重要なもの。
給料が完全歩合制である風俗嬢からすれば、口開けから仕事があるか無いかで精神的負担がかなり違ってきます。

また利用するお客さんにとっても、風俗嬢が仕事で疲れていない一番良い状態で接客を受けたいなら、ぜひ狙いたいところです。

まだ口開けで遊んだことのない人は、一度お目当ての女性の一番手に予約を入れてみてはいかがでしょうか?

ライタープロフィール

小野妹子

小野妹子 業界関係者

元風俗店経営者 19歳から風俗業界へ飛び込み、20歳で店舗責任者へ就任 以降エリアマネージャー等に昇格後、諸事情により退職 その後別グループにてフランチャイズで店舗展開し、経営を安定させ…

記事一覧新着記事

新着記事一覧はこちら

カテゴリ別の記事一覧『風俗総合』カテゴリの記事

『風俗総合』記事一覧はこちら