風俗トピックスでは風俗のタメになる話題を提供しています♪

風俗トピックス

記事タイトル:フェラ抜きの方法を比較する~AV女優と風俗嬢 その2

ライター:豊潤(ゆたか じゅん)   閲覧数:549

2020-04-24 11:56:00

←フェラ抜きの方法を比較する~AV女優と風俗嬢 その1

お邪魔致します、豊潤(ユタカ ジュン)です。過去から現在における風俗体験をもとに客目線で書いています。

今回は口でのフィニッシュに照準を絞り、AVと風俗嬢の違いも見ながら話を進めています。
とにもかくにもフェラチオは、触覚を中心に視覚も聴覚も刺激され快感をもたらしてくれる特異なる性戯です。
これが69に移行すれば、味覚・嗅覚も入ってきますので五感すべてで満足感が得られます。

実は女性たち、フェラをしながら自分の秘部も濡れて来るなら、相互に感じ合いという理想的な環境が出来上がるのです。
一方的にされるがままの風俗は面白味に欠けるという点、一般女性でも風俗嬢でも同じと感じます。が、客としての謙虚さも必要です。
「そんなに気持ちいい?」などと自己陶酔型の発言は努めて避けたいです。

さてフィニッシュ方法ですが、「口内発射」を経ての「ごっくん」までを見てみます。

【AV女優の口内発射】

日本のAVには鬱陶しいモザイクの存在があり、口内発射は視覚的効果を狙うにはあまり有効ではない、と述べました。
モザイクは肉棒をはみ出して女性の唇や口にも多少かかって来る為、本当に咥えているの?口内で射精したの?オモチャ咥えてたのでは?という疑念すら生みかねません。

リアルであると証明する為に、

・女優が手コキしながらフェラ→頬をすぼめて「射精させた」感じを出す

・確かに精液を口内で受けた証拠を見せる→女優があ〜んと口を開けて中の液体を見せる

・一度液体を掌に出して見せる→もう一度すすり取った後口の中でウグウグする

などの工夫がされています。

また発射の瞬間がよりわかりやすいものに「顔射」「ブッカケ」があります。これは女優の顔に1人〜複数の男の精液をかけるもので、S系陵辱志向でしょう。
「ブッカケ」は女性の全身どこにでもOKですが、メインは「顔」や「性器周辺」で、女優が口を開けば口内発射にもなる合わせ技です。
AV女優の美顔あっての射精(汚れ)で「美を汚す」ゆえに興奮度MAXだと言われます。しかしそれをそのまま風俗に持ち込めるでしょうか。
ベトベト、ヌルヌル→カピカピ&臭いが早急に元には戻らず男でも心配になります。

【風俗嬢の口内発射】

風俗嬢に「口に出して良い?」と訊いた時「うん、出る時言ってね!」と言い、最後までフェラを続行してくれるのは良嬢というか、サービス精神とプロ意識を持っている証拠です。
また発射直前のタイミングで舌を出してべろんと亀頭裏スジにあてがい、液体の噴射待ちをしてくれる孃もいます。
「(そのままだと飛び散っちゃう!)」と心配になりますが、そういう嬢は発射の瞬間には全部咥え込んでくれますので大丈夫です。
こちらも良嬢ですね。

反面デリヘル、ホテヘル系でよくあるのは「口で発射はできないんだよね〜」とか言いつつフェラもおざなり、ほとんど手コキのみでというパターンで、これは地雷孃の典型です。
フェラがあったとしても発射の時には口を一物から離すという手馴れた嬢もいます。

【「ごっくん」可能な風俗嬢は少ない】

「ごっくん」とは「精飲」のことで、客によっては征服感、独占欲が満たされるので愛好する方もいるようです。
「口内発射」と「ごっくん」は連続技でもありますね。

但し「ごっくん」される際の男の状況は

・射精直後であり、俗に言う「賢者タイム」に入っている

・女性の口は肉棒を咥えていない、直接皮膚や粘膜への刺激を受けていないので快感とは無関係

という理由で、この行為そのものが1回目の終了のダメ押しなのか、2回目の興奮への序章であるのかよくわからないです。
そんな中何故このようなサービスが存在するのか、、
これはもう最後の一滴まで搾り取ろうという「奉仕の精神」「おもてなしの精神」に他ならないと思います。

ある日デリヘル嬢のAさんは言いました。
「(口内発射の液体を舌に乗せたまま)私は素股が苦手なので、その代わりごっくんをします。では飲みま〜す」と宣言し、本当に喉を「ゴックン」と鳴らして飲み干してくれたのです。
素晴らしい!の一語なのでしょうが、やはり発射直後には数分間の放心状態がやって来ますので、申し訳ないなぁという気持ちでした。
かと言って浮かぬ顔も出来ませんので、
「おぉ〜、ステキ!ありがとう」が関の山でした。

「ごっくん」を至上の喜びとされる方は、オプション追加で二重の快楽を得られて下さい。
風俗の女性にとって事後処理の大変な「顔射」よりは「口内射精」や「ごっくん」の方がハードルは低いと思われます。
ただ「ごっくん」可能な嬢や自ら「ごっくん」してくれる嬢は少な目ですので事前リサーチも必要です。
ついでにその後「お掃除フェラ(お清め)」というのもありますが、ちょっとこれは別口ですのでまた改めます。

【まとめ】

最近のAVの傾向として、売れ筋のシリーズ物の路線に沿い「高速フェラ」や「手マン」+「潮吹き&お漏らし」、「唾液交換」「激ピストン」などの過激プレイがデフォルトのようです。
それらは見事なまでにテンポも速くスポーツ的な爽快感さえ覚えます。はなから「日陰のいやらしいムード」演出という視点で作っておらず、露骨で即効性の重視、一作で何発も抜けるというニーズに答えるのが現在のAVなのでしょう。
確かにAVは時として教科書にはなり得ますが、「顔射」をはじめ「それが普通」とばかりに風俗嬢に求めるのは考えものです。少なくともAV女優のように事前に過激プレイへの合意を得てはいないからです。

ライタープロフィール

豊潤(ゆたか じゅん)

豊潤(ゆたか じゅん) 風俗愛好家

自称真面目な中年男。気が付けば人生の日暮れ近く。平和主義だが基本は辛口。風俗といえど女性との一対一の付き合いと捉え、立場や気持を尊重することで良好なコンタクトを生むとする派。年代…

記事一覧新着記事

新着記事一覧はこちら

カテゴリ別の記事一覧『風俗総合』カテゴリの記事

『風俗総合』記事一覧はこちら