風俗トピックスでは風俗のタメになる話題を提供しています♪

風俗トピックス

記事タイトル:自宅待機の風俗嬢って本当に存在しているの?

ライター:小野妹子   閲覧数:357

2019-05-22 13:28:45

風俗の求人情報などで見かける「自宅待機対応!」という条件。
こうした待遇はネットで見たことがあるけど、実際に対応してくれるところを見たことがない、という人は多いと思います。

あまりにも見かけなさ過ぎて
「お店側が女性を引き寄せるための嘘なんじゃないか」
という意見も出ているくらいです。

果たして実際に自宅待機を認められて働いている女性というのはいるのでしょうか?
今回はその真偽と自宅待機という制度そのものについて解説していきたいと思います。

【自宅待機は実際にあります!】

結論から先に書いてしまうと、自宅待機で働いている女性は存在しています。
決して人数が多いとは言えませんが、お店が規定している条件を満たしてさえいれば案外OKを出してもらえることも多い様です。

自宅待機で働くために重要になる項目は大きく分けて4つ程あります。

・自宅が近いこと

基本的に待機する自宅が事務所から遠く離れたところでは認められません。
デリヘルでは事務所近辺に車が止まっているため、仕事が入った場合一度その自宅まで迎えに行ってから出発になるため、遠い場所だと時間が無駄にかかってしまうからです。

車を使って3分圏内程度であれば認められる場合が多く、それ以上離れている場合はその女性の人気の度合いや優先順位から判断されます。
詳しく後述しますが、本指名等がしっかりあるキャストであればOKが出やすいですし、逆に新人であったり実績のない女性の場合は許可されないことの方が多いでしょう。

・写メ日記等をしっかりやっていること

自宅での待機になった場合、写メ日記やライブチャットなどの集客に積極的に参加できなくなります。
本来なら店の動きが少ない時にお店から促されたりするものですが、自宅待機なら誰からもそんな指示が飛びません。

そのため写メ日記の様な集客ツールを普段からきちんと更新しているかどうかが重要になります。
お店の目が無ければさぼってしまう様な女性は自宅待機にするとだらけてしまう可能性が高いため、許可されにくいのです。
普段からまじめにそうしたツールを更新している女性がお店にも良い印象を与え、自宅待機の許可が下りる様になります。

・連絡がきちんと取れること

仕事が入った時などに連絡が取れずに時間通り案内できないなんてことになればクレームに繋がります。
そのため自宅待機を望む女性は、どんな時でも連絡を返せる様にしておく必要があるのです。

直接呼びに行くためにと家の部屋番号までドライバーに教えてしまうと、後々トラブルに発展してしまう可能性もあるため、その方法も使えません。
お店にとってスムーズに女性と連絡がとれないことは大きな問題になるのです。

・本指名があること

お客様からの本指名が全く無い、実力がついていない女性に関しては多くの場合、自宅待機の許可は下りません。
お店にとってお客様を自分で集客することが出来ない女性に、余計案内の手間が掛かる自宅待機をOKとするわけにはいかないのです。

しかしこれは逆に考えれば、本指名を月に何本も返してお店に貢献している女性には自宅待機を認めてもらえるチャンスがあるということ。
お店としても本指名が取れる女性からのお願いなら無下にはできません。

自宅待機をする上では、この本指名があるかないかが最も大きな要素だと言えるでしょう。

【自宅待機のメリット】

ところで自宅待機になれたとして、そこには一体どんなメリットがあるのでしょうか。
ここではそれらについて考えてみたいと思います。

・自分だけの空間で待機できる

一番に思いつくメリットはやはりコレですよね。
自分の家ですから他に誰もいませんし、気兼ねなく過ごすことが出来ます。
お喋りが好きな人だとお店の友達と話せないことが苦痛になるかもしれませんが、基本的には一人が気楽ですよね。
ゴロゴロしていても誰にも迷惑が掛からないなんて、自宅待機ならではの良さです。

・使い慣れたものが使える

コテやアイロンなどのメイク道具も全て自分の使い慣れた自分の私物を使えます。
盗難の心配もなく、なんだって自分の好きなタイミングで好きなように使えます…だって自宅ですから!

・人間関係から解放される

面倒な派閥争いに巻き込まれたり、変に絡んでくる人を相手しなければいけなかったり…そんな人間関係から解放されます。

必要なのは電話やメッセージでのお店とのやり取りだけ。
いちいち他の人と絡まなくていい様になる…嬉しい人にとっては最高の職場環境です!

【まとめ】

今回は自宅待機が本当に存在しているのか、そして自宅待機そのものについて解説と紹介をさせて頂きましたが、いかがでしたでしょうか?

自宅待機は風俗で働く女性にとって憧れの働き方の一つでもあると思います。
お店によって条件は厳しいですが、自分自身がお店にとって必要とされる実力を身に着けていれば、そこまで難しいことではありません。

まずは自分自身の接客を見直し、本指名のお客様を増やすところから始めてみましょう。
多くのお客様を抱えられる様になれば、自宅待機でお仕事をするのも夢ではありませんよ!

ライタープロフィール

小野妹子

小野妹子 業界関係者

元風俗店経営者 19歳から風俗業界へ飛び込み、20歳で店舗責任者へ就任 以降エリアマネージャー等に昇格後、諸事情により退職 その後別グループにてフランチャイズで店舗展開し、経営を安定させ…

記事一覧新着記事

新着記事一覧はこちら

カテゴリ別の記事一覧『風俗総合』カテゴリの記事

『風俗総合』記事一覧はこちら