風俗Q&Aドットコム - 業界人に相談できるQ&Aサイト

風俗トピックス

記事タイトル:風俗のスタッフが思う面倒くさい客って一体どんな特徴があるの?

カテゴリ: 風俗総合

閲覧数:650

投稿日時:2019-02-09 21:32:26
ライター:小野妹子

風俗店で女性の案内から雑務までをこなす風俗スタッフというお仕事。
中でも最も骨が折れるとされているのは、お客様の接客です。
風俗では目に余る様な迷惑行為がない限りは、基本的に誰でもウェルカムであるため面倒なお客様に捕まることもしばしばあります。

そこで今回は風俗店のスタッフが「こいつ面倒だな…」と思ってしまうお客様の特徴について解説していきたいと思います。

【値引き交渉が無駄に長く、しつこいお客様】

風俗店は個人で営業しているところも多く、一人でもお客様を獲得するために値段の交渉に応じてくれるお店も実は結構あります。

店舗型なら雨で客足が伸びない日、デリヘルなら給料日前で入電が少ないのに女性の出勤が多い日など、その時の状況によって1000円~2000円程度の割引を交渉で受けることができる場合があるのです。

しかしながらそれはお店の都合によって変わるものであり、毎回毎回値引き出来る様なことでもありません。
それなのに、一度割引を受けたことがあるからといって長時間の間値引きをねだるお客様は、とても面倒だと思われます。
こういったお客様は

「この間はこの値段でいけたのにおかしい!」
「前に俺を接客したヤツを出せ」
「別の店では割引してるからここも出来るはずだ」

などなど、一度割引の味をしめてしまったがために執拗に値引きをねだります。
スタッフとしては提示されている額を支払えないなら他の店に行って欲しいわけですが、お店としては一人でも多くのお客様を獲得したいがために、そうした言葉を発することができません。

お客様と店との考えに、スタッフは板挟み状態で耐えなければならないのです。

【本番ができる女性を聞いてくるお客様】

店頭や電話口で「本番ができる子は誰?」とドストレートに聞いてくるお客様がいらっしゃいます。
もちろんそんなことはお答えできませんし、お店のルール違反になるため注意しなければなりません。

しかしヘルス店でも本番行為が横行しているというのは、風俗を利用するお客様はもちろん業界では当たり前に認知されていることです。

お客様もそれを知っているためスタッフに対してそういった話を投げかけます。
「お答えできません」と答えた後に、冗談だと笑いながら話すようなお客様なら、単なるコミュニケーションの一環として捉えられるのですが、中にはしつこく聞いてくる迷惑な方もいらっしゃいます。

「そんな建前はいいから教えてよ」
「ランキング一位の子はやっぱり本番できるからだよね」

といった様に、本番についてウンザリするほど突っ込んで聞いてきます。
後半はもう面倒になって「分かりません」の連発塩対応になってしまうこともしばしば…。
本番がしたのであればソープランドやちょんの間などの業種で遊べば良いのですがなぜかこの手のお客様というのはヘルスでの本番にこだわります。

風俗スタッフが面倒だと感じるお客様の代表例と言えるでしょう。

【スタッフに対して威圧的な態度を取るお客様】

お客様の中には何が気に入らないのか、スタッフに対して常に威圧的な方がいます。
「俺は金払ってる客だぞ!」とでも言いたげな横暴な態度や言動は、大人の男性とは思えません。

またそういったお客様の特徴としてあげられるのは「自分の非を一切認めないこと」です。
よくあるのは自分で予約を入れたのにも関わらず、当日の時間ギリギリになって自分の都合で予約時間の変更を申し出たり、そうした変更をお断るすると逆切れして予約を飛ばしてしまったり…。

とにかく自分本位で行動されるため、スタッフにとっては非常に面倒なお客様です。
顔を合わせる度、電話口に出る度に怒号や罵声を浴びせられては、スタッフの気も滅入ってしまいます。

【無茶苦茶なクレームを付けてくるお客様】

クレームの対応はスタッフの大切な仕事の一つ。
特にお店に落ち度のあるクレームの場合は、少しでも良い店舗に近付けるための貴重な意見です。

しかしながらそんなクレームの中には、あまりに突拍子のないことを告げてくるお客様もいらっしゃいます。

「サービスは最後まで受けたが、女の子が好みじゃなかったから半額返金しろ」
「到着が予定より5分早い!気分が悪いから帰れ」
「今日来た女をプライベートで誘いたいから本名と住所を教えろ!」

などなど…。
本当にこんなことをいう人がいるんだ、と耳を疑ってしまうくらいのことを、平気で口にするお客様達…。

まともでないクレームの対応は、面倒くさい以外の感情が沸き上がりません。

【まとめ】

今回は風俗店のスタッフが「面倒な客だな」と思ってしまうお客様の特徴について解説させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。

スマートに遊んで頂けるお客様はもちろん大歓迎ですし、クレームに関しても自分たちの落ち度のあるものであれば真摯に受け止めるのですが、あまりにも的外れなものに関しては、さすがにスタッフも参ってしまいます。

そのお店の窓口であるスタッフから「面倒な客」と思われてしまっては、それなりの対応しかして貰えなくなります。
より楽しく風俗ライフを送りたいと思うなら、ぜひ本記事を参考にNGな行動を起こさないようにしてみると良いでしょう。

ライタープロフィール

小野妹子

小野妹子 業界関係者

元風俗店経営者 19歳から風俗業界へ飛び込み、20歳で店舗責任者へ就任 以降エリアマネージャー等に昇格後、諸事情により退職 その後別グループにてフランチャイズで店舗展開し、経営を安定させ…

記事一覧新着記事

新着記事一覧はこちら

カテゴリ別の記事一覧『風俗総合』カテゴリの記事

『風俗総合』記事一覧はこちら