風俗Q&Aドットコム - 業界人に相談できるQ&Aサイト

風俗トピックス

記事タイトル:性感エステを何倍も楽しむための心得を伝授します!

カテゴリ: エステ・マッサージ

閲覧数:372

投稿日時:2018-11-27 14:48:40
ライター:小野妹子

ここ数年で一気に人気を得て、風俗の中でも一大市場を確立した「性感エステ」。
利用されたことがある方も、そうでない方も本記事にぜひ目を通して頂き、実践してほしいと思います。
この心得を持って性感エステのサービスを受ければ、普通に利用するよりも何倍も楽しめるはずです!

【まずは純粋なマッサージを楽しむべし】

性感エステ最大の特徴と言えば「マッサージとヌキの両方を楽しめる」ことにあります。
よくこの手のサービスを受ける際に
「性感だけで良い」という人がいらっしゃいますが、それでは最大限に性感エステを楽しめているとは言えません。

性感エステでは体のコリをほぐしつつ、血行を促進することでまず体の調子を整えます。
日頃の疲れを存分に癒してもらうために、ここでしっかりと気持ちの良いマッサージを受けましょう。
体の節々が凝り固まった状態では、どんなサービスを受けてもスッキリと楽しめませんからね。

そして血行が良くなると体がポカポカと温かくなって、皮膚の感度が鋭くなってくるのです。
感覚が敏感になってくると、先程まで気持ち良いだけだったはずのマッサージが、徐々に性的な快感へと変わってきます。
重要なのはこの時はまだペニスや乳首などには触れられないこと。
あくまでマッサージの時間であるため、施術が終わるまでは性感への刺激はありません。
この時の何とも言えないもどかしい気持ちが、後々大きな興奮の波となってやってくるのです。

「空腹は最高のスパイス」なんて言葉がありますが、これもまさにその原理。
焦らしプレイですらないただのマッサージから悶々とすることに意味があるのです。

【性感マッサージに入ったら】

通常のマッサージによって十分体をほぐしてもらったら、次は性感マッサージです。
乳首への刺激や睾丸マッサージ、上半身のリップなどで興奮をさらに高めてもらいます。
この時に大切なのは決して、「我慢しない」こと。
せっかくの性感マッサージなのに、されている行為に対して我慢して反応しない人がたくさんいらっしゃいます。

性感への刺激には素直に反応するのが楽しむための秘訣です。
我慢するのではなく快感に身を委ねるつもりで思いっきり感じる様にしましょう。

「女性に責められて感じるなんて恥ずかしい」
「声を出すなんて気持ち悪がられるかもしれない」
「女性にヒかれそうでイマイチ踏み出せない」

なんて感じで敬遠する方もいらっしゃいますが、本当にもったいないと思います。
そもそも性感エステ自体「女性に責められて気持ち良くなるサービス」です。
女性側もそういったMな男性が来ること前提でお仕事をしています。
男性が思っている「恥ずかしさ」なんていうのは、性感エステで働く女性にとって想定内のものなのです。

また、働く女性達は男性に素直に感じてほしいと思っている方が大多数を占めます。
変にサービスに対して我慢されるよりも、気持ち良いところを刺激されたら声を出したり、体で反応を示してくれる方がモチベーションが上がるのです。
通常のヘルスサービスやプライベートでも、男性が女性に愛撫する際は我慢されるより素直に感じてくれる方が嬉しいですよね。

それと同じでサービスをしてくれる女性達も、自分のテクニックで感じてくれていることが分かるとテンションが上がります。
気分がノってくればサービスの質も向上しより濃厚で濃密なプレイを味わうことができるでしょう。

以上の理由から
「性感エステでは恥ずかしさを捨てる」ということを忘れてはいけませんよ。

【ハンドサービスからフィニッシュまで】

性感への刺激の終盤に差し掛かると、いよいよ男性器を直接刺激するハンドサービス(手コキ)が始まります。
ほとんどのお店ではローションやオイルなどを使用するため、自信でする自慰行為とは比べ物にならない気持ち良さです。
熟練の女性ともなれば様々なバリエーションのハンドサービスで、体感したことの無い様な刺激を与えてくれます。

このハンドサービスからフィニッシュまでは、女性の個人差もありますが「焦らしプレイ」が一般的です。
イキそうになったら止め、またイキそうになったら止め…を繰り返すものですが、性感エステを楽しむのなら、これのプレイに存分に乗っかりましょう。
素直に快感の反応を示していれば、キャストの気分も上がり
「イきたい?」
「どうされるのが気持ち良いの?」
何て感じで言葉責めされて雰囲気も盛り上がります。
こうした言葉責めにもその時間だけは完全なM男になりきって、女性に懇願する勢いで応対すると、非常に濃密な時間になるでしょう。

そして最高潮にまで高まった雰囲気と興奮の中でフィニッシュを迎えると、これまでに感じたことのない快感を得ることができます。
そしてキャストとお別れするときには、身も心も満たされていることでしょう。

この「サービスの流れに全力で乗る」ことが最後の心得なのです。

【まとめ】

「純粋なマッサージを楽しむ」
「性感エステでは羞恥心を捨てる」
「サービスの流れに全力で乗る」
この3つを意識して性感エステを利用することで、通常の何倍も楽しむことが可能です。
ぜひ本記事を参考に性感エステの良さを感じてみて下さいね。

ライタープロフィール

小野妹子

小野妹子 業界関係者

元風俗店経営者 19歳から風俗業界へ飛び込み、20歳で店舗責任者へ就任 以降エリアマネージャー等に昇格後、諸事情により退職 その後別グループにてフランチャイズで店舗展開し、経営を安定させ…

記事一覧新着記事

新着記事一覧はこちら

カテゴリ別の記事一覧『エステ・マッサージ』カテゴリの記事

『エステ・マッサージ』記事一覧はこちら