風俗トピックスでは風俗のタメになる話題を提供しています♪

風俗トピックス

記事タイトル:風俗利用中の不同意性交(わいせつ)なんてあり得ない?

ライター:野田 珠輝   閲覧数:511

2023-09-08 17:26:58

元風俗嬢ライターの野田珠輝(たまき)です。
先日、派遣型風俗店の利用中に、客である中学校教諭が不同意性交の容疑で逮捕されたとのニュースが飛び込んできました。
X(旧Twitter)を見ていても「意味わからん」という言葉が散見されましたね。
接客中であること、実際には何があったかは本人のみぞ知ることですので、私なりに解釈してみようと思います。

【風俗利用中の不同意性交として考えられることは?】

ネット上では「(裏オプとして)金銭面で折り合いがつかなかったのだろう」というコメントが多々ありました。
日本では法律上、本番行為は認められていません。
しっかりニュースを読み込むと『わいせつな行為をした』と書かれています。

一般的な言葉遣いとして、
・みだらな行為→挿入行為
・わいせつな行為→挿入以外の行為
とされているようです。

となると考えられることは
・挿入しようとした(が、しなかったorできなかった)
・基本プレイでも難しいことをさせた
・顔射やおもちゃ使用などのオプションを無理矢理行った
などでしょう。

【女性が同意することが困難であることに乗じて…とは?】

これもわかりづらい言葉ですよね。
私なりの考察です。

・挿入しようとした場合

「俺はここの店長と友だちなんだ」と言って本番に持ち込もうとするケースは多々あります。
また「今度指名してあげるから挿れさせてよ」は当然のように言われます。

受け入れないと仕方ないのかもと風俗嬢が怯えたことに気付きながらも挿入…。
しかし勃ちが悪くできなかった、萎えたなどの理由でしなかったのかもしれません。

※なお『未遂罪』とは書かれていませんのでこの可能性は低い気がします

・基本プレイで難しいことをさせた場合

たとえば一般的なデリヘルでフェラは基本プレイですよね。
ただしペニスを見たときに性病の疑いがあって断ったのに「俺は金を払った客だからやれ」と言われてしまったかもしれません。

指入れも基本プレイですが、爪が伸びていて膣内を傷つけられるかもしれないと思えば拒否できます。
ただし女の子の性格や経験値によっては、上手く断れないでしょう。
被害女性が10代のようなので、容疑者が若い新人を選んだ可能性もあります。

もちろんシャワーを拒否した不潔な体では、全身リップはもちろんプレイ自体を断りたいのは明白ですよね。

・オプションを無理矢理行った場合

オプションはその女の子によって可否があります。
顔射はできないのに勝手にされてしまえば、合意が困難であることは明らかですよね。

また、ローターは「〇」だけどバイブは「×」なのに、無理矢理バイブを使った行為をすればわいせつ行為にあたります。
その日の体調によって決めたいがために「△」にしていたのに、勝手に「俺が相手ならできる」と勘違いされてしまったかもしれません。
「バイブくらいいいでしょ?お金ならちゃんと払うからさ」と言われて我慢したけれど結局は払われなかった可能性もあります。

【私の不同意性交経験談】

今この法律がきちんと機能しているのならば、あれもこれも逮捕できていたのかな…と思う出来事はたくさんあります。
デリヘルでの本番強要なんて日常茶飯事でしたし、メンズエステなのに勝手に触られたり「全部脱いでよ」とオプションにすらないことを言われたり。
特に本当の新人だったときには生での本番行為をされたときはスタッフにすら言えませんでした。

これらは現在の法律で言えば不同意性交や不同意わいせつに当たりますが、私が働いていた当時はいわゆる『強姦罪』でした。
必死に抵抗しないと認められないものだったのです。
風俗店での接客中にそんなことができるはずもありません。

お店以外でも強姦やわいせつな行為を受けたことがありますが、思い切り抵抗するなんてとうてい無理なこと。
相手が自分よりガタイのいい男性ですとフリーズしてしまいますし、立場を利用されれば拒否の意を示すことすらできません。
受け入れているフリをしてやり過ごすので精一杯なのです。

【まとめ:スピード逮捕で今後に期待】

ネット上には「警察は裏を取っているのか?」「女に都合の良い世界だな」という書き込みもありました。
接客は8月20日、当日に通報し、24日には逮捕されています。
当然ながら風俗嬢本人やスタッフ、客側にも事情聴取をしているはず。
容疑者も素直に認めているようです。

風俗店は『こういうサービスをするお店の営業をします』と警察に届出をしています。
元風俗嬢である私が言うのもなんですが、『わいせつな行為が前提』の接客業でこれは異例のスピード逮捕と言えるでしょう。
これで警察が冤罪でも起こせば大変な問題になりますよね。
今回の通報は『被害女性の関係者』とありますが、恐らくはお店のスタッフでしょう。
このように女性に寄り添ってくれたお店と、風俗店で起こった事件でもしっかり捜査してくれた警察には期待したいところ。

被害を告発すると『どのタイミングで・どんな体勢で・どのくらいの強さで』と事細かく聞かれ精神的に疲弊します。
性被害に遭うのは女性とは限りません。
今後誤った認識による二次被害が減り、被害に遭った方であっても今後の人生を健やかに送れることを祈っています。

ライタープロフィール

野田 珠輝

野田 珠輝 元風俗嬢

北の孤島に在住する元風俗嬢ライター。 体験入店を含めればほぼすべての業種を経験したといっても過言ではない。 基本的にはソープがメイン。 きちんと在籍したのは、メンズエステやデリヘル、…

記事一覧新着記事

新着記事一覧はこちら

カテゴリ別の記事一覧『風俗総合』カテゴリの記事

『風俗総合』記事一覧はこちら
サイトニュース
過去のサイトニュースはこちら
ユーザーランキング
ランキングTOP10はこちら
みんなの質問 | 人気のカテゴリ
風俗トピックス | 人気のカテゴリ
みんなの回答 最新5件
Q&A掲示板レス 最新5件
風俗2択調査隊コメント 最新5件