カラダのこと。では皆様が楽しい風俗ライフを送れる情報をお伝えします♪

STEP3 診察・治療

感染経路と症状

予防はしたけど、プレイから数日~数ヶ月後に違和感を感じたら検査をしてみましょう。 病院・保健所を
お探しの方はこちら

クラミジア感染症

クラミジア感染症とは

クラミジア感染症は、日本で最も多く感染している性病で、主に10代~20代の若年層を中心に広がっている感染症となっています。 又、クラミジアに感染している場合、HIVに感染しやすくなる性病と言われています。

感染経路

セックス、アナルセックス、オーラルセックス、キスなどにより咽頭のクラミジア感染が増加しています。 女性が男性に対してフェラチオした場合、

(1) 男性の性器から女性の咽頭に感染する可能性
(2) 女性の咽頭から男性の性器に感染する可能性

があります。

男女共通の症状

リンパ節の腫れ 喉の腫れ・痛み 発熱

男性の症状

尿道の痒み・膿 排尿痛

女性の症状

膣の分泌物増加 不正出血 下腹部の痛み 性交時の痛み
HIV感染症

HIV感染症とは

HIVとはHuman Immunodeficiency Virusの事で、正式名称はヒト免疫不全ウイルス。このウイルスに感染したものをHIV感染症と言います。 ヒト免疫不全ウイルスは細菌やウイルスから人間の体を守る細胞に感染し、人間の本来持っている免疫力を低下させてしまいます。 適切な治療を行わないと全身性免疫不全により悪性腫瘍などの非常に危険な状態になるので注意が必要です。 ただし、近年では早期に治療を受けることで通常の生活を送ることができるようになってきています。

感染経路

セックス、輸血による血液感染、母子感染などがありますが、セックスによる感染が圧倒的に多い状況になっています。

男女共通の症状

発疹 発熱・頭痛 吐き気・嘔吐・下痢 咽頭炎 リンパ節の腫れ
淋病

淋病とは

淋病は淋菌が原因で発症する性感染症であり、性行為などで粘膜に感染する為、とても感染しやすい病気のひとつです。 淋病に感染した場合、遅くとも数日で発症するのですが、自覚症状がない場合も多く、特に80%近い確率で女性には自覚症状がないと言われています。 又、妊娠中に感染していた場合、出産時に子供が感染してしまう場合がありますので妊娠した際には淋病の検査を受けるようにしてください。

感染経路

セックス、オーラルセックス、キスその他感染者が使用した衣類、タオルなどからの感染があります。

男女共通の症状

喉の腫れ・痛み 発熱 排尿痛 肛門の痒み・痛み

女性の症状

膣、子宮付近の炎症 膣の分泌物増加 不正出血

男性の症状

尿道の痒み・膿 睾丸の腫れ・痛み
梅毒

梅毒とは

世界中で感染している性病です。梅毒トレポネーマという細菌に感染することで起こるのですが、非常に強い感染力を持っています。 梅毒は感染から10年で死亡してしまう恐ろしい病気でしたが、現在の医療ではペニシリン系の抗生物質を使用することで完治させることができるようになっています。 又、梅毒を持っている場合、HIVに感染しやすい為、梅毒に感染した場合はHIVの検査も合わせて行いましょう。

感染経路

セックス、オーラルセックスなどにより皮膚や粘膜の目に見えない小さな傷口から侵入し、感染します。

女性の症状

膣炎 膣の分泌物増加 不正出血

男性の症状

尿道の痒み・膿 睾丸の腫れ・痛み
性器カンジダ症

性器カンジダ症とは

性器カンジダ症はカンジダ菌という細菌が性器内で異常増殖することで発症する病気です。特に女性の発症が圧倒的で女性の75%が経験する疾患です。

感染経路

セックスなどの性行為で感染する場合もありますが、人間が元々体内に持っていることが多い菌なので体調不良による免疫力の低下、ホルモンバランスの崩れなどにより菌が繁殖することによって感染する場合が多いです。

女性の症状

性器の痒み・痛み 膣の分泌物増加

男性の症状

亀頭のかゆみ・赤み 尿道炎
膣トリコモナス症

膣トリコモナス症とは

膣トリコモナス症は、細菌やウイルスによる感染症ではなく、トリコモナスという原虫に感染して炎症を起こしたものです。 膣トリコモナス症はセックスなどにより簡単に感染してしまいます。 クラミジア感染症、淋病、古くから知られている病気ですが、近年では感染者の数は減ってきてはいるものの、再発等の可能性もあり注意が必要な性病となっています。

感染経路

主にセックスなどの性行為で感染しますが下着、タオル、便器、浴槽などでの感染もあります。

女性の症状

膣の分泌物増加・悪臭化 膣の痛み・痒み

男性の症状

尿道の膿 排尿痛
性器ヘルペス

性器ヘルペスとは

性器ヘルペスはもっともポピュラーな性感染症のひとつです。性行為により単純ヘルペスウイルスというウイルスに感染し、性器やおしりなどの周辺に赤い発疹や水ぶくれができる病気です。 自覚症状がない事も多く感染者が気づかずに他者に感染させてしまう場合が多く感染者が増えています。

感染経路

セックス、オーラルセックスなどの性行為から感染します。

男女共通の症状

リンパ節の腫れ 水ぶくれ 赤い発疹
尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマとは

尖圭コンジローマは性器や肛門付近にイボができる病気です。男性の場合は亀頭や尿道の先端部分、陰茎、亀頭、包皮の内側、陰のう、肛門のまわりや肛門内などにできます。 イボは乳頭状(乳首のような形)のほか、ニワトリのトサカやカリフラワーのような状態になる場合があります。イボの色は白、ピンク、褐色、黒色と色は様々になってます。

感染経路

セックス、オーラルセックスなどの性行為から感染します。

男女共通の症状

陰部のイボ 陰部の痛み・かゆみ
毛じらみ

毛じらみとは

毛じらみは人間の体毛に寄生する小さな虫による感染症です。毛じらみに感染すると数日~1ヶ月ほどで非常に強いかゆみに襲われます。 毛じらみは頭髪以外の全ての体毛に感染する可能性があります。

感染経路

セックス、オーラルセックスなどの性行為から感染します。

男女共通の症状

感染部分のかゆみ 下着にしみ(毛じらみの血糞)
細菌性膣炎

細菌性膣炎とは

過度なセックスや膣の洗浄、もしくは疲れなどによって大腸菌や悪臭の根源である菌が繁殖しないよう乳酸菌によって酸性に保たれているはずの膣内が乳酸菌の自浄作用を減らしてしまい、様々な菌の繁殖によって炎症を起こしてしまう現象の事です。 自覚症状がない場合も多く妊娠している女性が発症すると流産、早産の確率が上がるので注意してください。

感染経路

過度なセックスなどの性行為、膣の洗浄、疲れなどによる体調変化によって感染します。

女性の症状

膣の分泌物増加 膣の分泌物の悪臭 外陰部のかゆみ
亀頭包皮炎

亀頭包皮炎とは

亀頭包皮炎は男性特有の病気で、亀頭や包皮に出来た小さな傷に、黄色ブドウ球菌や大腸菌などの様々な菌が傷口から入り込み、繁殖することで発症します。

感染経路

セックス、オーラルセックスなどにより亀頭、包皮に傷ができた場合、そこから雑菌などに感染する場合があります。

男性の症状

赤み かゆみ・ただれ 外陰部の痛み・排尿時の痛み
外陰炎

外陰炎とは

外陰炎は女性特有の病気です。外陰部に細菌、カビ、ウイルス、膣の分泌物などの影響を受け、外陰部が感染を起こして発症します。 主な症状はかゆみが多く、外陰部が赤くただれる場合もあり、下着の摩擦やこすれによって痛みます。

感染経路

セックスなどの性行為からの感染や、月経時の血液付着や通気性のない下着などをそのまま使用している不衛生な環境での生活から感染します。

男性の症状

腫れ かゆみ 痛み
軟性下疳(なんせいげかん)

軟性下疳とは

軟性下疳は、軟性下疳菌という菌によって発症する病気で、性器に豆粒の様なコブができてそのコブが潰れて強い痛みを発します。 発症までの期間は1~3週間。パートナーと一緒に感染している場合が多いので一緒に診断・治療を行ってください。

感染経路

セックス、オーラルセックス、アナルセックスなどのあらゆる性行為から感染する場合があります。

男女共通の症状

豆粒ほどのコブ コブが潰れて潰瘍になる 腫れ・痛み
A型肝炎

A型肝炎とは

A型肝炎はA型肝炎ウイルスに感染してしまう病気です。主な症状は一過性の急性肝炎であり、治癒後に強い免疫が残される。A型肝炎ウイルスは排便中に排泄されるので、感染者の発生は衛生環境に影響されやすいです。 A型肝炎は発展途上国では蔓延しているものの、先進国では上下水道などの整備がしっかりしている為、感染者は減っています。

感染経路

セックス、オーラルセックスなどの性行為などにより口から感染します。糞口感染などでA型肝炎ウイルスに汚染された飲食物を口にすることで感染します。

男女共通の症状

発熱 倦怠感 吐き気・嘔吐・黄疸
B型肝炎

B型肝炎とは

B型肝炎はB型肝炎ウイルスが血液や体液を介して感染する肝臓の病気です。B型肝炎ウイルスは感染した時期や健康状態によって一過性感染とほぼ生涯にわたり感染が継続する持続感染とに別れています。 肝炎が持続してしまうと慢性肝炎、肝硬変、肝がんへと進んでいく可能性があります。

感染経路

セックス、オーラルセックスなどの性行為から感染します。母子感染もするので妊婦の方は出産時の母子感染を防ぐ為、妊婦検診を受けるようにして下さい。

男女共通の症状

発熱 尿の色が濃い 倦怠感 食欲減退 黄疸
C型肝炎

C型肝炎とは

C型肝炎はC型肝炎ウイルスが血液を介して感染する肝臓の病気です。感染している人の血液が他の人の血液の中に入ることで感染しますが、空気感染や経口感染はありません。 又、感染しているものの肝臓の障害に気付いていない人も多いです。C型肝炎は症状が軽いですが、感染者の大半は慢性化しており肝硬変から肝臓がんに進む可能性が高くなっています。

感染経路

セックス、オーラルセックスなどの性行為からの感染は稀です。ただアナルセックスや生理中の性行為などにより出血と粘膜の損傷伴う性行為は感染する場合があります。

男女共通の症状

発熱 尿の色が濃い 倦怠感 食欲減退 黄疸
赤痢アメーバ症

赤痢アメーバ症とは

赤痢アメーバ症は、赤痢アメーバによる消化管の感染症です。毎年世界で10万人ほどがこの病気で亡くなっています。 特に男性同性愛者の間ではアナルセックスなどによる感染が増加しています。

感染経路

アナルセックス等により口からの感染、赤痢アメ-バに汚染された水や氷、野菜や果物、肉類を生で食べた場合に感染します。

男女共通の症状

発熱・腹痛 寝汗 下痢・粘血便
疥癬(かいせん)

疥癬とは

疥癬はヒゼンダニというダニが、人間の皮膚のもっとも外側にある角層内に寄生することで起きる感染症です。 又、衣類や寝具などから他の人にも感染する場合があり、高齢者の方や介護者の方への感染が多い病気です。

感染経路

セックスなどの性行為からの感染、衣類、寝具の共用から感染します。

男女共通の症状

皮膚のしこり・赤い発疹 かゆみ
HTLV-1

HTLV-1とは

HTLV-1とはHuman T-cell Leukemia Virus Type 1の略称で、ヒトT細胞白血病ウイルスという血液中の白血球のひとつであるリンパ球に感染するウイルスです。 HTLV-1に感染していても約95%の方は生涯病気になる事もなく、感染者のごく一部の方のみが病気を起こします。 現在、日本では約100万人、世界では約3000万人を超える感染者がいるといわれています。 感染しても自覚症状はありません。

感染経路

母子感染(特に母乳を介した感染)、性行為、輸血から感染します。

病院・保健所をお探しの方はこちら

北海道、東北
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
関東
茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川
北陸、甲信越
新潟 富山 石川 福井 山梨 長野
東海
岐阜 静岡 愛知 三重
関西
滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山
中国、四国
鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知
九州、沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄